• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

特別版 今、なぜ欧州なのか

  • スティーブ・モリヤマ

バックナンバー

2008年7月13日(日)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 筆者は日経ビジネス オンライン3周年などを記念して開催した「ビジネスマネジメントフォーラム」で行われたセッション「ポスト米国一極集中時代の成長戦略」で、欧州の動向について講演した。

 その内容の抜粋を、本コラム「知られざる欧州の素顔」の特別編としてここに紹介する。

 ポーランド人歴史学者クシシトフ・ポミアンが、著書『ヨーロッパとは何か』(平凡社)において、民族・言語・宗教といった文化的寄木細工である欧州は、東部欧州なくして語ることができない点を喝破し、「ヨーロッパ」の再定義に果敢に挑戦したのは1990年のことである。

 それから20年近くたった今、「新しいヨーロッパ」は、おそらくポミアンの想像をはるかに上回るペースで、文化のみならず、政治的にも、経済的にも、拡大と進化を続けている。

 こうした変化は21世紀に入ってもとどまることを知らず、人類はこれまで経験したこともない「パラダイムシフト」(根本からの劇的転換)をいくつも体験していくだろう。

「古い欧州」から「新しい欧州」へ

 まず、本連載のテーマでもある欧州における「古い欧州」から「新しい欧州」へのパラダイムシフトだが、特に経済面でのシフトは顕著である。これまでの西欧諸国に代わって、東欧をはじめとする新規EU(欧州連合)加盟国や将来加盟可能性のあるロシアをはじめとする旧ソ連諸国では、凄まじい勢いで経済が成長している。

 実際、下記の表にあるように、既に「古い欧州」だけを見ても、欧州は、米国を上回る「世界最大の経済圏」と言える。だが、今後の成長を牽引していくのは、まぎれもなく「新しい欧州」の面々であろう。

GDP世界合計に占める割合(2007年)

 現時点でのEU加盟候補国は、旧ユーゴスラビアの2つの小国と加盟交渉休止中のトルコだ。これに加え歴史的に中欧に属したウクライナやベラルーシなどがEUに接近していくのは時間の問題だろう。そして、最終的に、ロシアやトルコがEU加盟を果たす時がくれば、「新しい欧州」は世界最大のスーパーパワーとして、不動の地位を確立することになる。

 現時点では、EUはロシアとガスパイプライン計画などでつば競り合いを続けている。だが、実際のところ欧州にとってロシアは、エネルギー供給源のみならず、巨大市場としても決して無視できない存在である。また、ロシアにとっても欧州は計り知れない相手である。輸出入を見ても、ロシアにとってEUは最大の貿易パートナーである。

コメント1件コメント/レビュー

英国在住のものです。モリヤマさんのご意見に感心、共感しました。異国に住む日本人として「The world's 2nd-largest economy」日本は、誇りでありましたが、最近そのアイデンティティーに不安を感じます。中国、ロシアの台頭に関しては一般生活レベルでは、どこか眉をひそめる感覚を英国人から感じます。ホテル、レストランでのアンケートで、嫌われている客の国のナンバーワンが中国であったり、逆に好感度の高い方に日本が入っていました。ロシア、東欧からの移民も社会問題ともなっています。感覚的には日本(日本人)に対しての好感度が高いと思います。高品質、高デザインの素晴らしいプロダクトを世界に出して来た国であり、高い技術と美意識、まじめで礼儀正しい国民性とその文化や歴史に対しての尊敬もあると感じます。しかし今や投資と将来性からは、日本より中国ロシアにとうに方向転換されているように感じます。タイムス紙でも「日本への投資に未来はないか?」というような記事が時々あり、だいたいが悲観的見方のように感じます。筆者のおっしゃることは正にメディアを通して知る英国の現状、英国から見たEU,ロシア、中国、日本、アメリカに対する姿勢や考えという情報や、日々の生活の中から肌で感じます。そしてこのまま世界から取り残されて、第二の経済大国から、第三、第四、、、、、とずるずると落ちて行かない為にも、英国同様、世界のハブ的存在としての重要国として成長していって欲しいと思います。地理的にも日本はロシア、アジア、オーストラリアとパンパシフィックの中心地として栄えられると思うのです。(2008/07/15)

「知られざる欧州の素顔」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

英国在住のものです。モリヤマさんのご意見に感心、共感しました。異国に住む日本人として「The world's 2nd-largest economy」日本は、誇りでありましたが、最近そのアイデンティティーに不安を感じます。中国、ロシアの台頭に関しては一般生活レベルでは、どこか眉をひそめる感覚を英国人から感じます。ホテル、レストランでのアンケートで、嫌われている客の国のナンバーワンが中国であったり、逆に好感度の高い方に日本が入っていました。ロシア、東欧からの移民も社会問題ともなっています。感覚的には日本(日本人)に対しての好感度が高いと思います。高品質、高デザインの素晴らしいプロダクトを世界に出して来た国であり、高い技術と美意識、まじめで礼儀正しい国民性とその文化や歴史に対しての尊敬もあると感じます。しかし今や投資と将来性からは、日本より中国ロシアにとうに方向転換されているように感じます。タイムス紙でも「日本への投資に未来はないか?」というような記事が時々あり、だいたいが悲観的見方のように感じます。筆者のおっしゃることは正にメディアを通して知る英国の現状、英国から見たEU,ロシア、中国、日本、アメリカに対する姿勢や考えという情報や、日々の生活の中から肌で感じます。そしてこのまま世界から取り残されて、第二の経済大国から、第三、第四、、、、、とずるずると落ちて行かない為にも、英国同様、世界のハブ的存在としての重要国として成長していって欲しいと思います。地理的にも日本はロシア、アジア、オーストラリアとパンパシフィックの中心地として栄えられると思うのです。(2008/07/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授