• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

オランダ:原則禁止を嫌う姿は、続くのか

  • スティーブ・モリヤマ

バックナンバー

2008年7月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

オランダの国旗

オランダの国旗

 夏の欧州は非常に過ごしやすい。あまり暑くもなく、湿気もなく、日本の夏とは正反対である。だが、筆者は夏休みを欧州で過ごした経験がほとんどなく、島国に滞在することが多い。

 これまで世界中の島を訪ねた中で、カリブ海では最初に訪れたのが、蘭領シントマールテンという島だった。このシントマールテン島は南半分がフランス領(仏領サンマルタン)、北半分はオランダ領となっており、その境界線を越えると雰囲気がガラっと変わる。多くの島を抱える国土に住む日本人にとって島は身近な存在だが、シントマールテン島のような島はイメージしにくいのではなかろうか。

オランダの地図

 このシントマールテン島やキュラサオ島(ベネズエラ沖にある島で、キュラソーというリキュールで有名)をはじめ5島は、併せて「蘭領アンティル」と呼ばれている。そのアンティルが今後解体される可能性がある。

 Xデーは当初、2008年12月15日とされていた。その日を境に、シントマールテンとキュラサオはそれぞれ独立したオランダの自治領となり、3つの小島は、行政上オランダ本国に吸収合併される予定だった。

 だが、直近では15日以降にずれ込むと言われている。国際税務に詳しい読者はアンティルという言葉は聞いたことがあるかもしれないが、この点についてはあまり知られていないのではなかろうか。

奇抜な発想の持ち主

 画家のゴッホ、哲学者のスピノザ、ダンサーでスパイのマタ・ハリ、女優シルビア・クリステル――。これらのオランダ人の名前を聞いて、オランダ人もしくはオランダに対する印象をどのように持たれるだろうか。

 ここ欧州においては、オランダ人はかなりリベラルで、奇抜な発想の持ち主として知られている。卑近な例で恐縮だが、そうした一面を紹介しよう。

コメント4

「知られざる欧州の素顔」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト