• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

デンマーク:「移民の罠」にはまりかけるその先

  • スティーブ・モリヤマ

バックナンバー

2008年8月7日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

デンマークの国旗

デンマークの国旗

 観光名所に関する「世界3大がっかり」という表現がある。この3つはどこか。諸説あるが、筆者の住むブリュッセルにある「小便小僧」とシンガポールの「マーライオン」そして、デンマークの「人魚姫」というのが通説のようだ。

 この人魚姫像は、この国の誇る詩人・作家アンデルセンの童話にちなんで、約100年前に、同じくこの国を代表するビール会社、カールスバーグの創業家が国に寄贈したものだという。この人魚姫だが、ここ数年、受難続きである。頭部を切断されたり、ペンキを塗られたり、イスラム女性のスカーフをかぶせられたり、様々な破壊行為の対象となっている。その背景にあるものは、何か。

デンマークの国旗

 デンマーク経済は、好調である。特にここ数年、年率平均3%超の成長を記録している。これは「古い欧州」の中では、良い数字である。また、ユーロには参加していないが、デンマーククローネはユーロに連動している。

 失業率も、ここ数年3~4%程度で、今後3%台で推移すると言われている。ただ、低い失業率は、いわゆる3Kの仕事における労働力不足につながり、また賃金上昇圧力に伴うインフレも懸念されている。

高福祉国家の陰

デンマークの概要

 福祉国家デンマークは、社会的弱者には至れり尽くせりなのだが、そこで働く人たちには、重い負担がのしかかってくる。まず、個人所得税の最高税率は59%で、例えば額面1000万円の給与をもらっても、社会保険料と合わせて約半分を国に納めなければならない。さらに、日本の消費税に相当するVAT(付加価値税)は、EU(欧州連合)域内で定められている最高税率である25%を採用している。

 こうした高税率国のせいか、筆者はロンドンなどで、優秀なデンマーク人と何度となく知り合った。皆一様に、見事なイギリス英語を話し、知的レベルも高い。老後は国に戻ってもいいが、稼げるうちはデンマークにはいたくない、と口を揃えて言っていた。手取りが額面給与の半分(以下)になってしまうのでは、仕方がないのかもしれない。

 もっとも、こうした税制はデンマークに限った話ではない。他のスカンジナビア諸国も同様だし、実は仏独ベルギーなどもあまり変わらないのが実情である。英国にしても、額面給与の3分の1から4割は国に納めなければならない。

頭脳流出と移民問題

 このように頭脳流出が続き、デンマーク人の失業者がほとんどない状況下で、デンマークは、労働力不足などの解決のため、難民を含め、外国人労働者をこれまで積極的に受け入れてきた。確かに、コペンハーゲンの街を歩いていると、明らかに旅行者ではない、アフリカ人やアラブ諸国から来た外国人が昼間から街に溢れている。

 こうした中、近年、デンマークでは、移民の失業者が増えている、と指摘されるようになった。これに対して、当のデンマーク人は経済が好調の状況で、失業率が増えているという説には納得がいかない。説が正しいのか誤りなのか。著者には不明だが、移民になにがしかのフラストレーションがたまっているのではなかろうか。

コメント9件コメント/レビュー

政治家や官僚の質の劣化で日本政府はこの問題に無策だ。日本各地で中国語があふれ将来は中国人に日本は乗っ取られるのだろう。 一流の外国人は日本なんかに来ない。食い詰めたチャイニーズとコリアンばかりで教育や知的レベルの荒廃が進み、犯罪ですさむ国にまっしぐら。英国やドイツ、米国、カナダ、オーストラリア、NZ、デンマークの貴重な経験を生かすという能力はもはや日本にはない。 国力が落ちていくばかりで、いやならましな国に移住するしかない。(2008/08/08)

「知られざる欧州の素顔」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

政治家や官僚の質の劣化で日本政府はこの問題に無策だ。日本各地で中国語があふれ将来は中国人に日本は乗っ取られるのだろう。 一流の外国人は日本なんかに来ない。食い詰めたチャイニーズとコリアンばかりで教育や知的レベルの荒廃が進み、犯罪ですさむ国にまっしぐら。英国やドイツ、米国、カナダ、オーストラリア、NZ、デンマークの貴重な経験を生かすという能力はもはや日本にはない。 国力が落ちていくばかりで、いやならましな国に移住するしかない。(2008/08/08)

文章全体がネガティブに読めました。他のメディアでデンマークの情報を得ています。kの社会の中にも様々な問題はあるものの、基本的には大らかでポジティブな印象をこの国からは得ています。幸福度ランキングや国際競争力ランキングでも北欧は高順位でしたよね。この記事の示す側面は正しいと思いますが、ネガティブすぎる国ではなかったかと思いますよ。(2008/08/07)

ここにある移民への対応といい、「表現の自由」を巡るイスラムとの確執を見ても、やはり「小国」であるが故に、移民や途上国の犠牲の上に成り立つ豊かさを享受する先進国の一員として世界の中では「支配する強者」の側にいるのだという自覚が不足しているように思います。「表現の自由」は弱者が強者を批判する自由であって、強者が弱者を侮辱する自由ではありません。(2008/08/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員