• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スウェーデン王国:
個人に厳しく、法人には優しい税率

  • スティーブ・モリヤマ

バックナンバー

2008年8月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

スウェーデンの国旗

スウェーデンの国旗

 バイキングの末裔、男女同権、福祉国家、ノーベル賞、そして高税率国。スウェーデンの横顔は、日本でも断片的には知られている。だが、17世紀に欧州で最初の紙幣を発行したのが、この国の銀行だったことはあまり知られていないのではないだろうか。

 スウェーデンはEU(欧州連合)加盟国だが、デンマークと同様、ユーロを導入していない。2003年9月、ユーロ参加の是非を問う国民投票でユーロ圏参加を否決し、今でもスウェーデン・クローナを通貨と定めている。

スウェーデンの地図

 王冠を意味する「クローナ」は、もとは19世紀後半にスウェーデンとデンマークの間で結ばれたスカンジナビア通貨同盟に基づく統一通貨の名称だ。その後、ノルウェーも参加したが、第1次世界大戦後、この通貨同盟は解消され、それぞれ独自の道を歩むことになる。ただし、スウェーデンに限らずデンマークもノルウェーも、通貨の名称にクローネ(クローナの変形:語源は同じ)を使い続けている。

 スウェーデンは欧州における通貨同盟先進国だったにもかかわらず、EUの通貨同盟にはいまだに参加せず、今でも「クローナ」を存続させているのは、皮肉な感じがする(注:ノルウェーはEU非加盟国)。

公務員比率は3割以上

 スウェーデンの特徴の1つは、就業人口に占める官公庁勤務者の割合が高いこと。ハンガリーもその割合が高いことを指摘したが、スウェーデンはハンガリーよりも高い3割以上の人たちが公務員と言われている。公的セクターの就業人口が多いのは、高福祉、高税率国家の一面とも言える。

 そしてもう1つの特徴は、国内市場が小さいことから、高い技術力を背景とした輸出が経済を支えていることだ。輸出を支える企業には、日本でも名の通っているボルボエリクソンイケア、H&M(アパレル)などがある。

 この中で最近、日本の消費者の関心を引いたイケアは、イングバール・カンプラッドが1代で築き上げた世界有数の家具メーカーである。日本進出時も、「あなたの家おもしろい?」「家庭と仕事、どっちが大切?」といった、この会社独自のやや挑発的な広告戦略を展開し、短期間で日本の消費者の心をつかんだようだ。

コメント1

「知られざる欧州の素顔」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員