• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

投資銀行、頭脳集団の蹉跌

2008年9月17日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 リーマン・ブラザーズの破綻、メリル・リンチの身売り。その前にはこれら2社と比べると小粒ながら、伝統あるベアー・スターンズの破綻――。

 英国の金融街シティーとともに、過去1世紀の間「世界の金融首都」として機能してきたウォール街。そのビジネスモデルは破綻したのだろうか。少なくとも、投資銀行がリスクを取りすぎたばかりか、自らそのリスクを把握することもできなくなっていたのは事実だ。

 投資銀行はウォール街の“主”である。法的には証券会社であるが、基本的に個人相手に株式売買を取り次ぐことはない。大企業や外国政府、機関投資家、富裕個人を相手に大口取引を手がけ、日本の証券会社とは比較にならないほどの影響力を誇ってきた。ポールソン財務長官も「最強の投資銀行」ゴールドマン出身だ。

 日本では「証券マン」よりも「銀行マン」が格上に見られがちだが、米国ではかねて「証券マン」が「銀行マン」よりも格上である。図体が大きくて、動きが鈍い事務屋集団が「銀行マン」の商業銀行であるのに対し、規模は小さいながらも大きなリスクを取る頭脳集団が「証券マン」の投資銀行だ。

「平均IQが170に上る集団が全財産を失おうとしている」

 リスクが大きければリターンも大きい。しかし、大きなリターンを確実に手に入れるためにはリスクをきちんと管理しなければならず、リスクをきちんと管理するためには優秀な頭脳を使わなければならない。

 1990年代以降、投資銀行は数万人規模で最優秀のMBA(経営学修士)を採用してきた。このほか、複雑なデリバティブ(金融派生商品)の開発などを狙いに、物理学博士号を持つ「ロケット科学者」ら理系の人材も大量に吸収してきた。ウォール街がこのような人材を集められるのは、製造業の世界では想像できないほどの破格の報酬を払っているからだ。

 言うまでもないが、優秀な頭脳を集めたところでリスク管理が完璧になるわけではない。それを証明したのが、ちょうど10年前の1998年に起きたLTCM(ロングターム・キャピタル・マネジメント)の破綻だった。

 LTCMは、1980年代に「ウォール街の王者」と呼ばれた投資銀行ソロモン・ブラザーズの出身者が立ち上げたヘッジファンドだ。デリバティブ取引に欠かせない「オプション理論」でノーベル経済学賞を受賞したマイロン・ショールズ教授をはじめ、文字通り最高の頭脳を結集して発足しながら、リスクを読み切れなかった。

 当時、著名投資家のウォーレン・バフェット氏は「平均IQ(知能指数)が170にも上る人たちがたくさん集まりながら、全財産を失おうとしている。なんてバカげたことだろう」などと語っていた。同氏にリーマンの破綻のことを尋ねたら、同じコメントが返ってくるかもしれない。

ルーツは1935年に遡る

 米国で投資銀行が1つの業態として誕生したきっかけは大恐慌である。庶民から預かった預金を株式市場へ回してリスクにさらしたことから、金融機関に対する批判が渦巻き、商業銀行と投資銀行を分離する「グラス・スティーガル法」が1935年に成立した。

 これによって、例えば有力財閥のモルガン商会は商業銀行のJPモルガンとして生き残り、証券部門を分離せざるを得なくなった。この証券部門が現在のモルガン・スタンレーである。

コメント1

「牧野洋の「世界の常識・日本の非常識」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長