• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国、もの作り大国へのアキレス腱は

  • アレクサンドラ・ハーニー

バックナンバー

2008年11月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中国南部の都市、広東省深セン。セーター工場で働いていた李路園(リ・ルユアン)さんは、不動産業者への転身を図った。しかし、ほどなくして深センの不動産市場は暴落。ほかの数千の不動産業者同様、李さんは仕事を失った。

工事現場で働く中国の出稼ぎ労働者
(AP Photo/GREG BAKER、写真はイメージで本文とは関係ありません)

工事現場で働く中国の出稼ぎ労働者
(AP Photo/GREG BAKER、写真はイメージで本文とは関係ありません)

 中国に1億5000万人いる出稼ぎ労働者の1人である李さんにとって、働き口は限られていた。実家の経済状態は厳しく、高校はおろか中学に通う余裕もなかったからだ。

 仕方なく、それから数カ月間、李さんは友人の果物売店を手伝った。行き交う歩行者の群れにバナナやオレンジを売ろうとはしたもの、不動産市場が崩壊する一方で食品価格は急騰していたため、消費者の財布の紐は固く、果物に手を伸ばす人はほとんどいなかった。

 中国の急速な経済成長の流れに翻弄される中、李さんは安定した職に就くために重要な大卒の資格を取ることを決心し、高卒レベルの資格を得られる職業学校を探し始めた。

中国人技術者で多国籍企業のニーズに見合うのは全体の10%

 こうした状況は李さんに限ったことではない。中国の1億450万人に上る工場労働者の多くは、地方の貧しい家庭から出稼ぎに来ている。中学校すら卒業していない人が、かなりの割合を占めている。

 過去30年、技能を持たない膨大な数の労働者によって、中国は他を寄せつけない国際競争力を得てきた。そして、今後何十年もそうした状況が続くかのように思われた。しかしここに来て、低価格の輸出品を扱っていた数万の工場が、閉鎖に追い込まれて、何百万もの人が失業する恐れも出ている。

コメント7

「チャイナプライス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック