• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

前FRB議長が勘違いした「米国は株主重視」

市場至上主義と株主至上主義は同義語なのか?

2008年11月3日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本では同義語として使う人が多いだろう。例えば、「株主利益ばかり追求し、従業員をないがしろにすると経営がおかしくなる。だから市場原理主義にはくみしない」などと語る経営者は大勢いる。

 米国のサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)問題を発端にした世界的金融危機。当然のように市場至上主義に対する攻撃がエスカレートしている。集中砲火を浴びているのが、「マエストロ」と呼ばれた米連邦準備理事会(FRB)の前議長アラン・グリーンスパン氏だ。

 10月下旬の米下院公聴会でもそうだった。グリーンスパン氏は「なぜ市場に任せきりで、必要な対策を取らなかったのか」などと責め立てられた。同氏は過ちを認め、次のように説明した。

 「銀行は株主利益を重視するよう動機づけられており、株主資本を危険にさらすはずがないと信じていた。この考え方が誤りであったわけで、ショックを受けている」

 この発言に違和感を持つ日本人経営者は、多いのではないか。グリーンスパン氏は「銀行が株主利益を重視しなかったから、住宅バブルなど市場主義の行き過ぎが表面化した」、言い換えると「株主至上主義から逸脱したから、市場至上主義の弊害を招いた」と指摘したのだ。同氏の頭の中では、市場至上主義と株主至上主義は同義語ではない。

多額の金を張っているのだから無責任なことはしない

 スキン・イン・ザ・ゲーム――。

 サブプライムローン問題表面化後に『When Markets Collide(市場が衝突する時)』を緊急出版したモハメド・エルエリアン氏は、こんな表現を使って米国発金融危機の本質を説明した。同氏は、世界最大級の債券ファンドである米ピムコの共同最高経営責任者(CEO)だ。

 スキン・イン・ザ・ゲームとは、ゲーム(市場や企業経営のこと)に多額の自己資金を投じている状態を示す。「多額の自己資金を投じているから、無責任な行動を取ることはない。信頼してほしい」といった意味合いで使われることが多い。

 エルエリアン氏によれば、サブプライムローンを野放図に拡大していた銀行は、スキン・イン・ザ・ゲームに当てはまらなかった。証券化を通じてサブプライムローンを転売し、バランスシート(貸借対照表)から切り離していたからだ。

 だれがスキン・イン・ザ・ゲームの立場にあったのかというと、サブプライムローンの証券化商品を購入した最終投資家だ。エルエリアン氏は著書の中で「あまりに多くの最終投資家が格付け機関の意見に頼って証券化商品を買っていた。その格付け機関は非常に楽観的なパラメーターを使って意見を出していたというのに……」と指摘している。

自分も同じように苦しむ

 スキン・イン・ザ・ゲームは、米投資会社バークシャー・ハザウェイを経営する著名投資家ウォーレン・バフェット氏による造語であるとの説が有力だ。

 今年の長者番付世界首位になって注目を集めたバフェット氏は、数兆円に上る自己資産のほぼ全額をバークシャー株で保有している。スキン・イン・ザ・ゲームの代表例だ。このことについて、バークシャーの株主に対して次のように説明している。

コメント5

「牧野洋の「世界の常識・日本の非常識」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長