• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

3時限目 金融危機に至る経路

金融機関同士の不信増幅

  • 日経ビジネス 別冊編集

バックナンバー

2008年11月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【特別ゼミナールの時間割】
  • 3時限目
  • 金融危機に至る経路金融機関同士の不信増幅
  • 4時限目
  • 市場の失敗 誰も制御できなかったバブル
  • 5時限目
  • 危機終息のための手立て 「政治の失敗」克服が決め手
  • (放課後)
  • 今だから言えること… 私が考える信認危機の本質
 
竹中平蔵 長田俊樹 杉谷直子
講師:竹中平蔵 受講生:長田俊樹 受講生:杉谷直子
慶応義塾大学教授。小泉純一郎内閣で金融担当大臣に就任し、1990年代以降の日本の金融危機に対応した。 電機メーカー勤務、26歳。入社3年目の営業マン。商談中に金融危機の話題が出るが、気の利いた話ができない。 アパレル会社勤務、24歳。マーケティング部門在籍。新聞はよく読むものの、金融の仕組みが今ひとつ理解できない。
竹中

今回は、サブプライムローン証券が不良債権化して、金融危機が起きるまでの経緯をたどり、その問題点を浮き彫りにします。

 発端は、米国で上昇を続けてきた住宅価格が下落に転じたことです。というのも、サブプライムローンやその証券化は、住宅価格が上がり続けることを前提にしたシステムだったんです。

 サブプライムローンは貸し倒れリスクが高いことから、高い金利が設定されていました。なのに、なぜ低所得者層はそのローンを利用したのでしょうか。

杉谷

はい。家が欲しいあまり、無理をしたのではないでしょうか。

竹中

残念。正解は、住宅価格が上がり続けていたからです。住宅価格が上がれば、その担保価値も上がります。担保価値が上がるということは、所有者の信用力も高まることを意味します。信用力が増せば、低金利の有利な条件の融資に借り換えができるようになります。そうなれば、サブプライムローンの返済期間を短縮できます。

 しかも、サブプライムローンには多くの場合、返済上の優遇措置があり、最初の2年間は少ない支払いで済むようになっていました。その間に住宅価格が上がり有利な条件の融資に借り換えられれば本来の重い金利負担を避けることができます。ですから、住宅価格が上がり続けているうちは、低所得者層も高金利のローンを利用できました。

コメント3

「緊急開講 竹中平蔵特別ゼミナール」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長