• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

4時限目 市場の失敗

誰も制御できなかったバブル

  • 日経ビジネス 別冊編集

バックナンバー

2008年11月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【特別ゼミナールの時間割】
  • 4時限目
  • 市場の失敗誰も制御できなかったバブル
  • 5時限目
  • 危機終息のための手立て 「政治の失敗」克服が決め手
  • (放課後)
  • 今だから言えること… 私が考える信認危機の本質
 
竹中平蔵 長田俊樹 杉谷直子
講師:竹中平蔵 受講生:長田俊樹 受講生:杉谷直子
慶応義塾大学教授。小泉純一郎内閣で金融担当大臣に就任し、1990年代以降の日本の金融危機に対応した。 電機メーカー勤務、26歳。入社3年目の営業マン。商談中に金融危機の話題が出るが、気の利いた話ができない。 アパレル会社勤務、24歳。マーケティング部門在籍。新聞はよく読むものの、金融の仕組みが今ひとつ理解できない。
長田

先生、前回の講義を聞いて、金融機関の認識の甘さが目につきました。サブプライム問題の本質はそこにあったのですか?

竹中

その通り。問題の本質は、一義的には金融機関の経営の失敗、そして投資家の投資の失敗です。

 その失敗の原因は、まず「米国の住宅価格は上がり続ける」という錯誤があったことです。確かに、第2次世界大戦後の米国では住宅価格が一貫して上昇基調にありました。「だから、今後もそうなるだろう」と安易に考えてしまった。そして、その安易な想定に基づいて、これまた安易な投資をしてしまった。

 実は、サブプライムローン証券については、投資に必要な情報が十分にそろっていなかったうえに、リスク分析も十分になされていませんでした。本来なら投資に慎重でなければならないのに、先ほどの安易な発想に加え、格付け機関の評価に安易に頼り、それを妄信してしまった。これが2つ目の失敗です。

 格付け機関の評価が間違っていたことは、2時限目で話しましたね。そもそも格付け機関がそれほど信頼できるものかどうかは、金融関係者はよく分かっていたはずです。1997年のアジア通貨危機をはじめ、この10年ほどの間に彼らの評価が外れたことは珍しくありません。

 さらに言えば、いったい格付け機関ではどんな資格を持った人たちが格付けをしているのか。サブプライムローンを作った人たちに対抗できるほどの高度な金融工学を身に付けているのか。そうした疑問もわいてくるし、そもそも情報が十分に開示されているとは言えませんね。

 要するに、サブプライム問題では、格付け機関を含む金融関係者が一様に安易なことをしたわけです。サブプライムローンの証券化という新しい金融手法が入ってきたにもかかわらず、金融関係者がうまくコントロールできずよく分からないまま、皆がそれにのめりこんでしまったということです。そして、それこそが問題の本質なのです。

杉谷

先生、そもそもバブルは防げないのでしょうか。

コメント6

「緊急開講 竹中平蔵特別ゼミナール」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官