• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「中国の問題は、中国だけの問題ではない」

筆者 アレクサンドラ・ハーニーさんに聞く

  • 真弓 重孝

バックナンバー

2008年12月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 高騰する人件費、禁止有害物質の混入発覚、成長率の鈍化――。今、中国「世界の工場」には、様々な逆風が吹きつけている。

 その様を、広大な国土の隅々にまで出かけ、2年にわたり丹念な取材を続けてきたのが、今連載の筆者であるアレクサンドラ・ハーニーさんだ。

 筆者の取材は今春『The China Price』として世界各国で発売され、この12月に邦訳版も発売されることになった。ハーニーさんはなぜ、世界の工場に興味を持ったのか。連載の締めくくりとして、筆者にその理由を聞いた。

(聞き手は日経ビジネス オンライン 真弓 重孝)


(最終ページに、ハーニーさんからの音声メッセージがあります。こちらも、お聞きください)


アレクサンドラ・ハーニーさん

(写真:菅野 勝男、以下同)

 ―― ハーニーさんが、中国に関わりを持ったきっかけは。

 アレクサンドラ・ハーニー 確か1999年か、2000年だったと思います、英国のFT(フィナンシャル・タイムズ)の記者時代に、広東省の広州にあるホンダの工場を取材する機会がありました。

 現地に行って、様々な衝撃を受けました。中国人もホンダと同じような工場を持っていたのです。日本はモノ作りで世界の先頭を走っていると思っていたのですが、その日本と同じような工場を中国人が経営していたことは、私にとってとてもショックでした。

 私は日本に興味があって、高校時代に日本語を習い、高校3年の時に初めて、日本に来ました。大学に入る前には、名古屋市の隣の尾張旭市に2カ月近く滞在しました。私が日本に興味を持ったのは、日本の製造業、モノ作りに魅力を感じたからです。

 ですから、FTに入社して東京支局に配属されて製造業の担当になったのは、私にとってはとてもラッキーでした。中国のホンダの工場に行ったのも、FTで日本の製造業を担当していた関係です。

 そのホンダの中国工場を見てから、これからはモノ作りでは日本よりも中国なのかもしれない、と思うようになりました。ホンダの工場を見た後、日本に戻ってからある財閥系の大手電機メーカーの人と話をする機会があり、その人が中国語を勉強していると教えてくれました。

 私が「なぜですか」と尋ねたら、「中国はこれから経済大国になるから」と言うのです。そう聞いて、私もこれからは中国語を勉強しないといけないと思い、中国に行こうと決めたのです。

 ―― それで実際に中国に行った。

 ハーニー FTでいったん東京支局からロンドンに赴任し、2003年にロンドンから香港支局に赴任しました。そして、確か2003年、2004年に、ホンダの工場のある広州に行きました。その時は自動車ではなく、セーターを作っている工場に行きました。

 すると、何百人もの女の子が座ってセーターを作る光景を目にしました。それを見て、彼女たちと話したくて、話したくて、たまらなくなりました。

 そしてある1人の娘に声を掛けたら、彼女の話にとても興味を引かれました。珠海からものすごく遠い田舎から2年前にやって来た娘で、寮では10人を超える娘たちと一緒の部屋に住んでいると教えてくれました。

 彼女は毎日朝から晩まで働き、収入のほとんどを田舎に送っている。それを聞いて、彼女が彼女の家族にとって、非常に大きな役割を果たしているのだと感じました。同時に、彼女は世界中の消費者にとっても、大きな存在なのだと。安い製品が世界中に供給されているのは、彼女みたいな娘がたくさんいるからなのだと思ったのです。

コメント19件コメント/レビュー

中国にも工場を持ち、中国でも製品を販売し、中国人の社員のいる会社に勤めているものとして、この記事は、なんとなくわかっていたけどやっぱりそうか、と思うものでした。日本は中国と比べて土地も小さく人口も少なく民族も少なく社会保障制度も教育制度も整備されているので、中国のやり方は理解しがたいかもしれませんが、これらは中国だけでなくインドや他の国にもあることであり、日本が海外と関連のある商売をするには避けられないことだと思います。外国から技術・人材・設備を導入し他の先進国と同レベルの技術力を得つつある中国は、これからは日本のライバルという眼で見ていく必要がると思いました。(2008/12/14)

「チャイナプライス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

中国にも工場を持ち、中国でも製品を販売し、中国人の社員のいる会社に勤めているものとして、この記事は、なんとなくわかっていたけどやっぱりそうか、と思うものでした。日本は中国と比べて土地も小さく人口も少なく民族も少なく社会保障制度も教育制度も整備されているので、中国のやり方は理解しがたいかもしれませんが、これらは中国だけでなくインドや他の国にもあることであり、日本が海外と関連のある商売をするには避けられないことだと思います。外国から技術・人材・設備を導入し他の先進国と同レベルの技術力を得つつある中国は、これからは日本のライバルという眼で見ていく必要がると思いました。(2008/12/14)

日本でも会社を維持する為には記事中の中国と同様な問題を含んでいますよ、雇用保険や諸待遇条件の問題など等、モラル無き一部の大手企業経営者たち、年功序列的な立場で責任者になった部門責任者など、働く人たちのいろいろな視点で見られない人などいます。諸条件を満たして存続できる会社はごくわずかのはず、大企業を支えている下部の人たちのほうが多いのにその事を理解できてない一部の官僚、公務員。どんな場合でも支えている人達がいる事の問題意識をもってTOPになって欲しいです。(2008/12/14)

初めてコメントさせていただきます。当年51の男です。他の方のコメントを見ると否定的な物が散見されますが、どこまで自分で調査したり、見聞しているのか疑問に思われます。昨今の報道や記事を見ると、マスコミ誘導型のような気がしています。ハーニーさんも書いてますが、上海の中国・北京の中国・田舎の中国というように、中国という国は存在しますが、中国人はいないのです。うちの嫁さんは上海人です。絶対に自分から中国人とは言いません。それに上海人は中国の中で上海が一番発展していると思っています。それは北京でも、広州でも、どこでも同じです。低価格は先進国が求めている結果ではないでしょうか? 特に日本では同じものを買うなら、安いほうを買いませんか?その結果が製造コストの安いところへ企業が流れていった原因ではないのでしょうか? これは日本の農業・漁業も同じではないでしょうか?生産者の収入は増えていません。中間マージン及び小売の値下げに吸収されてしまっています。いろいろな角度から見て、ご自身の頭で考え判断してください。それから書かれてもいいのではないでしょうか?(2008/12/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長