• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

金融市場の混乱で見えないベトナムの今後

  • 竹島 慎吾

バックナンバー

2008年12月15日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ベトナムの金融市場はインフレや貿易赤字の拡大などを背景に、2008年前半には株価、為替が大幅に下落するなど、ベトナム発の通貨危機を懸念する声が広がった。しかし、韓国ウォンが一時約10年ぶりの水準まで下落するなど、グローバル金融危機の影響が新興国に飛び火する中、ベトナムの金融市場は危機的な状況には陥っていない。

 今年9月に起こった「リーマン・ショック」以降、アジアの金融市場の動向を見ると、株価の下落幅(9月12日と11月28日の終値比較)は、ベトナムは33.9%と主要アジア10カ国・地域の平均値の27.5%を上回ったものの、タイの38.6%やインドの35.1%とあまり変わらず、際立ってベトナム株が下落しているわけではない。

 他方、同じ期間の為替レートの下落幅を見ると、韓国ウォンは25.8%、インドネシアルピアは22.3%と大幅に低下したのに対し、ベトナムドンの下落幅は2.2%にとどまった。これはそれ以前にドンが大きく下げていたことに加え、ベトナムの中央銀行がクローリング・ペッグ制を厳格に運用したことが主因である。

 世界の金融市場が大きく混乱する中、ベトナムの金融市場も影響を受けているが、先行してベトナムドンが単独で下落していた時と比べると、むしろ落ち着きを取り戻している。

懸念されたベトナム発の通貨危機はこれまでのところ発生せず

 株価は金融危機の影響が本格化した9月以前の大幅下落の過程で、換金売りがほぼ終了したと推測される。また、為替は変動幅を徐々に拡大することで、市場の需給に合わせ緩やかなドン安を容認してきた。こうしたことから、市場のベトナム売り圧力は相当部分の調整が済んでいると思われる。

 また、経常赤字の大半は長期性資金である海外からの直接投資(FDI)及び中長期ローンでファイナンスされており、短期間で大量の資本流出が生じにくい構造であることも通貨危機を誘発しにくい要因と言える。2007年に流入した短期資本は63億2000万ドルと前年の2億8000万ドルから大幅に増加したものの、FDIと中長期ローンを合計した長期資本は86億ドルと短期資本を上回った。

 2008年に入り、株価が大幅に下落していることから短期資本は流出超に転じた公算が大きいものの、2008年1~10月期のFDI実行額は91億ドルと既に2007年通年の80億ドルを上回り過去最高を記録しており、長期資本の流入額は短期資本の流出額を上回っていると考えられる。

金融市場の混乱リスクが燻る中、高まる景気減速リスク

ベトナムの 実質GDP成長率

 もっとも、世界の金融市場は不安定な状況が続いており、金融市場の混乱リスクが燻っていることに加え、景気減速リスクも高まっている。実質GDP(国内総生産)成長率の推移を見ると、2007年10~12月期の前年同期比9.2%をピークに2008年4~6月期は同5.8%まで減速、7~9月期は同6.5%とやや持ち直したものの低迷が続いている中銀は10月以降4回にわたり合計4%の利下げを実施 、景気を下支えする姿勢を明示している。

 

コメント0

「Money Globe ― from Asia(竹島慎吾)」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト