• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

カルロス・ゴーンがGMを救う

2008年12月22日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世界的に広がる信用収縮の波にのまれ込まれた米GM(ゼネラル・モーターズ)の再生は、日産自動車7201と仏ルノー両社の社長を務めるカルロス・ゴーン氏に任せるべきだ――。米国でこんな論調が目立っている。

 深刻な経営危機に陥っていたGM、フォード・モーター、クライスラーのビッグスリー(米自動車大手3社)。12月19日、ジョージ・ブッシュ大統領がGMとクライスラーに公的資金を活用したつなぎ融資を決めた。ひとまず救済されたとはいえ、3月までに抜本的な再建計画を策定するわけで、経営刷新によってトップ退任が求められる雲行きだ。

 当然、経営刷新後に誰が自動車大手を率いるかに注目が集まる。中でも米国の象徴でもあるGMのトップだ。CEO(最高経営責任者)のリチャード・ワゴナー氏は取締役会から厚い信頼を得てきたものの、会社分割など大胆なリストラを実行するには力不足との見方が強まっている。

 米フォーチュン誌のシニアエディターで、30年に及ぶ自動車業界取材歴を持つアレックス・テイラー氏は、「誰がGMワゴナーの後任になれるか?」と題した記事の中で、ゴーン氏の名前を挙げた。日産の経営立て直しで「歴史的な偉業」を達成したからだ。

 テイラー氏は、後任候補としてGM社長のフリッツ・ヘンダーソン氏や米ゼネラル・エレクトリック(GE)前CEOのジャック・ウェルチ氏にも言及している。しかし、ヘンダーソン氏は内部昇格である点が不利であり、ウェルチ氏は73歳という年齢などがネックになると指摘している。

良いGMと悪いGM

 ハーバード大学ビジネススクール教授で、『リーダーへの旅路』の著者であるビル・ジョージ氏は、ビジネスウィーク誌ウォールストリート・ジャーナル紙へ寄稿し、単刀直入にゴーン氏を推している。

 「GMは『良いGM』と『悪いGM』へ2つに分割されるべきだ。『良いGM』では、GMの文化に染まっていない人物を外部から招き入れる必要がある。新CEOに最もふさわしいのはゴーン氏だ。ワゴナー氏には『悪いGM』の後始末を任せればいい」

 もちろん、GMがゴーン氏に実際に接触したかどうか不明だし、仮に接触したとしてもゴーン氏が受け入れるとは限らない。ビッグスリーに限らず、自動車業界は世界的に苦境に陥っており、ルノーと日産も例外ではない。

 ゴーン氏自身は何も語っていない。11月19日、米経済テレビ局CNBCの人気キャスター、マリア・バーティロモ氏から直撃インタビューを受けた。

コメント11

「牧野洋の「世界の常識・日本の非常識」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長