• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

海外資本逃避で分かった実力と課題

  • マニッシュ・バンダリ

バックナンバー

2009年1月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「年の終わりというのは、終わりでも、新たな始まりでもなく、時の流れが続いているだけだ。ただ、知恵と経験を我々に授けていくが」―― ハル・ボーランド。

 米国人の作家でジャーナリストのボーランドの言葉のように、昨年爆発した世界的な金融不安が今年も続くことだろう。多くの投資家は昨年で事態に区切りをつけ、今年は次の地固めの年にしたいと願っているはずだ。

(この1年で変わったこと)
  2008年1月 09年1月(1/5)
海外石油市況(WTI) 93.2ドル/バレル 46.4ドル/バレル
インドのインフレ率 4.3% 6.4%
外国投資家のインド株投資 2440億ドル 750億ドル
(残高)
MSCI世界株価指数 4.0% -38.7%
(過去1年の騰落率)
インド株SENSEX指数 49.1% -50.3%
(同)

 だが今年もサブプライムの余波は何らかの形で続き、我々はその流れの中で様々な試練を受けていくだろう。年明け早々、悲観的に過ぎるのかもしれないが、ボーランドの後の言葉を借りれば、我々がこれから受ける試練は一昨年から昨年にかけて得た経験と知識を使うことで、これまでよりはうまく乗り越えていけるかもしれない。

海外資本で支えられていたインド経済の実力を再認識

 インドの株式市場も今回の金融危機で大きな影響を受けている。振り返ってみると、インド市場は2004年に転換点を迎えている。

 2004年には、それまでの低調な生産活動の反動、企業リストラの効果、それに金利低下が相まって、相場は急激な上昇を見せた。インド企業の収益は1997年から2003年までは停滞が続いていた。しかし、2004年からは人口増という構造的な要因と投資の拡大で、新たなビジネスサイクルに入った。

 そうした上昇サイクルもいずれは一巡するものだ。ここにきて金融引き締めと信用収縮を背景に、企業業績はスローダウンしている。米国のサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)問題に関しては、インド企業は直接関与していなかったが、このグローバリゼーションの時代にあっては、影響なしとは言えない。

 米国が風邪を引けば、インドはくしゃみをする。ここにきて資本流入に陰りが見られる。インドは経常赤字で、これまでの成長は海外資本によって支えられてきた、ということを改めて認識させられた。

 この半年ほどの間に、世界的な信用収縮がそうした資本輸入の重要さを気づかせてくれた。さらに、貿易赤字が2008年7~9月に386億ドルに広がり、経常赤字の増加ペースが加速している。この18カ月の暗い経済環境の中で何か光明は見られないのだろうか。

原油価格の下落は追い風に

 期待される動きとしては、景気スローダウンの初期の頃と違って、中央銀行であるインド準備銀行(RBI)と政府の考えが一致していることだ。また、原油価格がピークから1バレル当たり80~90ドル下落していることも、輸入原油に頼るインド経済には朗報だ。

 石油だけでなく多くの1次産品も輸入に頼るインドは、今後、貿易収支が改善に向かおう。さらに期待されることとして、向こう2年のうちに、例えばインドの財閥リライアンス・グループによるベンガル湾での天然ガス開発、石油企業のカイン・エネルギーによるインド北西部ラジャスタン州での石油開発が軌道に乗るだろう。

 また、米国との協定で核燃料の調達が進み、原発利用も進もう。加えて、公務員の給与改革が想定されていることもある。こうしたことが積み重なると、2010年にはGDP(国内総生産)を0.75~1%押し上げる効果があると見られる。

インドの経済指標と国債利回り

インドの経常収支・貿易収支

流動性は1年前に比べ改善

 機関投資家の中には、現在の経常収支が悪化の途をたどっていると懸念を抱く向きがある。おそらく、2008年10~12月は過去最悪に近い数字となっただろう。

 しかし、それを悲観し過ぎる必要はない。海外資金の流出は一巡しつつあり、インドの外貨準備の潤沢さを考えると、流動性は1年前と比べて改善しているはずだ。

「インドの魅力&魔力 投資編」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授