• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お互い様というセーフティーネット

  • 内藤 眞弓

バックナンバー

2009年2月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「人に迷惑をかけちゃいけません」

 親や先生からよく聞かされる言葉です。でも、この言葉をきまじめにとらえ過ぎると、自己責任の波にのみ込まれてしまったり、逃げ場がなくなって自分を責めるか、引きこもらざるを得なくなったりするような気がします。

気づかないうちに膨れる暮らしのコスト

 生きていれば誰かに迷惑をかけるのは当たり前。大人になるということは、迷惑を上手にかけたり、かけられたりすることを身につけていくことだと思います。ところが今や、向こう三軒両隣、味噌や醤油を貸し借りし合う関係はほとんど見られなくなっています。それに伴い、気づかないうちに暮らしにかかるコストが膨れていきます。

 私が生まれ育ったのは香川県高松市。かつては自宅から歩いていける範囲に小学校や中学校があり、お寺があり、診療所や中小規模の病院があり、暮らしに必要なひと通りのものが間に合う商店街がありました。その多くが顔の見える関係でつながっていました。

 私の両親は共働きで、父は理容師、母は美容師でした。子供の頃のわが家は、1階が床屋とパーマ屋の2つの店舗でしたが、奥ではつながっており、2階は住まいになっていました。近所の商店のおかみさんが髪をセットに来たり、幼稚園や学校の先生も時々来てくれたりしていました。周辺は小さな子供が多く、少しだけ大きい子が小さな子の面倒を見たり、商売が忙しくて手が回らない親に代わって、赤ちゃんのオムツを替えたりということもありました。まさに“三丁目の夕日”の時代です。

若い頃から住み込みの弟子たちの面倒を見ていた父

 父は25歳で店を構え、私が物心ついた頃は若いお弟子さんたちが5~6人、寝食を共にしていました。おそらく中学を卒業してすぐに親元を離れ、手に職をつけるために知り合いの伝手で弟子入りした人たちだったと思います。父は彼らの寂しさを紛らすために、あるいは外で遊びの味を覚えて仕事に身が入らなくなることを心配して、パチンコ台を数台借りてきては遊ばせたり(ただし、お金が賭けられないと面白くないようで、すぐに見向きもされなくなりましたが)、エレキギターが流行れば閉店後の店で練習させたり、いろいろと心を砕いていたようです。

 中には挫折する人もいたようですが、彼らは1人2人と独立していきました。

コメント6件コメント/レビュー

お互い様が通用しなくなったのは、自分は義務を果たさないのに要求ばかり過大の人が増えた事。悪い部分での欧米化という奴です。何かあれば「訴えてやる」。相互じゃなく一方的に受けるばかりを求め、相手に少しでもミスがあれば叩き上げて絵に描いた餅のような殆んど架空の「得られたはず」とやらの利益が「入らなくなる事の損失」を要求する事。これ、リスク有り過ぎて善意の助けもオチオチ出来る物ではない。こんなモンスターだらけでは上手くいくはずが無い。ある記事へのコメントでみた自分達で道路の舗装をする事に、冗談じゃない国がやれという人。もうね。(2009/02/25)

「もう、お金には振り回されない」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

お互い様が通用しなくなったのは、自分は義務を果たさないのに要求ばかり過大の人が増えた事。悪い部分での欧米化という奴です。何かあれば「訴えてやる」。相互じゃなく一方的に受けるばかりを求め、相手に少しでもミスがあれば叩き上げて絵に描いた餅のような殆んど架空の「得られたはず」とやらの利益が「入らなくなる事の損失」を要求する事。これ、リスク有り過ぎて善意の助けもオチオチ出来る物ではない。こんなモンスターだらけでは上手くいくはずが無い。ある記事へのコメントでみた自分達で道路の舗装をする事に、冗談じゃない国がやれという人。もうね。(2009/02/25)

 女性の労働問題を考えているフリーターズフリーの栗田陸子さんという方が面白い例えをしています。同じ30歳女性のAさん・Bさんがおり、Aさんは未婚、Bさんは既婚です。このAさんとBさんがパートとして働いていた場合、Aさんは「結婚はしないの?」「親元にパラサイトしているなんて、ニートだね」「将来どうするの?」と言われ、一方既婚のBさんは「だんなさんの仕事は何?」「子供はいるんですか?」と反応がまったく違うとのことです。 つまりこれは女性は既婚で夫に扶養されることは許されるが、未婚で親元にいることは許さないという「日本社会の暗黙のルール」があるということです。こういったわけのわからない「こうでなければならない」というルールによって、人々は甘えたり甘えられたりという相互扶助を忘れているのではないでしょうか。(2009/02/24)

「個人の独立性」を西洋から取り入れたときに、それは同時に「独立した個人同士の相互扶助社会」でもあることに気づけず、旧来の日本式の共同体を否定してしまったことが原因でしょう。その文化圏に合わない思想を取り入れるとき、その背景の違いまで理解が及んだ上で取り入れているか問題でもあるのだと思います。 起きてしまったことは仕方がないとしても、すでに家族の崩壊が進み、宗教による共同体も持たず、個人のコミュニケーション能力の低下まで取りざたされる現代においてはどうしたものか。あまり良い案が浮かびません。草の根で輪を広げるしかないということでしょうか。(2009/02/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長