• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ウォン急落、「3月危機」はあるのか

  • 豊島 信彦

バックナンバー

2009年3月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 韓国の通貨ウォンが急落している。米リーマン・ブラザーズが破たんする直前の昨年8月から、今年3月初めまでに対ドルで35%下落した。対円では55%もの下落率となった。その影響は様々な形で出ている。

 2月末、旅行会社のエイチ・アイ・エス9603は 2008年11月~2009年4月期の業績について、韓国旅行の取り扱いが急増、為替益もあり、経常利益予想をこれまでの17億円から23億円と上方修正すると、株価が急伸した。

 日本から高級ブランド品の買い物ツアーがさかんだそうだが、それだけではない。分かりやすい例がダイソーの100円ショップだ。韓国では“1000ウォンショップ”として知られる。1000ウォン商品が人気で、韓国内で380店が展開されている。その均一価格が日本円に換算すると昨年夏に 110円ぐらいだったのが、今は60円だ。恐らく、世界23カ国・地域で同社が展開している中で一番安い。

 3月3日付コリア・タイムズ紙は「YEN Welcome」という見出しの記事を掲載した。そこには、大型スーパー・ロッテマートのソウル駅店では、観光客のおかげで今年1~2月の海産物の売り上げが前年同期比で127%増、健康茶が112%増、コチジャンが54%増と記されている。免税店だけでなく、食品売り場にまで日本人客が押し寄せ、ロッテグループ全体の1~2月売り上げは同11.8%増を記録、コンビニやレストランでも同様な繁盛ぶりだそうだ。

韓国マネーも日本に流入

 ウォン安でジャパンマネーが韓国に向かっている図式だが、実はその逆も目立つようになっている。昨年11月に韓国の証券会社が日本の中小証券会社であるジーク証券を買収した。今年は2月だけでも2件、上場会社を巡る韓国マネーの動きが見られた。

 1つは、デジタルコンテンツ配信事業のデジタルアドベンチャーが、著名韓流スターのペ・ヨンジュン氏のコンテンツ会社BOFインターナショナルと合併すると発表、デジタル社の株価が急騰した。BOFはぺ氏が所有する韓国の上場投資会社の子会社で、合併会社にはペ氏側が経営参加の見込みとされる。

 もう1つは、金融情報会社のフィスコが先月、19日連続高の記録を作ったこと。これも韓国マネーがきっかけとされる。同社は港区に住む韓国名の男性が保有株比率10.25%の大株主となったと発表。関東財務局に提出された大量保有報告書で保有目的が「経営参加」(その後「安定株主としての保有」に変更)と書かれており、思惑がさらに広がっている。

韓国の株価と通貨

日本ブームが通貨安を乗り越える

 しかし、通貨の安い国から通貨の高い国に逆流するように韓国マネーが迫るのはなぜか。大きな理由は通貨の強い国での資産保全が目的ではなかろうか。また、日本のアニメやJポップの浸透など、日本文化に対するアレルギーが少なくなっていることも影響していよう。

 最近では日本酒ブームが起き、清酒の輸入が昨年は前年比44%増の1866トンと急増している。韓国で販売されている投資信託でも日本株の保有を増やす動きがあるという。

現時点では、底打ち感が乏しい

 そこで今後のウォン相場だが、対ドルでは11年ぶりの安値をつけ、対円では過去最安値となったがまだ底打ち感に乏しい。資金の海外流出が大きくなっているためだ。

コメント2

「豊島 信彦の早耳・聞耳 亜細亜マーケット」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長