• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

小説 渋沢栄一「青淵の竜」

このコラムについて

武蔵国の青淵から、激動の時代を潜り抜け、世界を駆ける“竜”となった男、渋沢栄一。農家の長男に生まれ、尊皇攘夷の志士、幕臣、新政府の大蔵大丞、第一国立銀行頭取と幾多の転身を重ねたその人生は「決断」の連続であった。設立に関与した企業の数は500社以上。関係した社会事業は600以上。「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一は、時代の奔流の中で、何を見て、何を思い、何を指針として決断を下していったのか。米国型資本主義が瓦解した今、「日本資本主義」の原点を顧みる必要があるのではないのか。新たな時代を作る「決断」のヒントを、栄一の青年時代に探してみよう。

※この小説は、東京商工会議所の月刊情報誌「TWIN Arch(ツインアーチ)」2006年1月号から2008年7月号まで連載された「青淵の竜」を基に、ウェブ掲載用に編集したものです。渋沢栄一は東京商工会議所(当時は東京商法会議所)の初代会頭を務めていました。

※文中の表現は、作者の意向を最大限尊重するため、原文の通り掲載することを基本としました。

※文中の人物名からのリンク先は「国立国会図書館 近代日本人の肖像」内のコンテンツです。

※「国立国会図書館 近代日本人の肖像」から転載した画像を複製する場合には、国立国会図書館の許諾が必要です。

記事一覧

記事一覧

小説 渋沢栄一「青淵の竜」 次の一覧へ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧