• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

持ち家政策が人間を猛獣化した

建築家・隈研吾氏と「バブル」と「公共投資」について議論する(上)

  • 竹森 俊平

バックナンバー

2009年5月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回の世界的な経済危機の背景に不動産のバブルがあったように、1990年代の日本の「失われた10年」につながる経済危機の背景にも不動産のバブルがあった。そう考えるなら、「建築」は経済危機と最も密接な関係を持つビジネスと言えるだろう。両者の関わりは2つの異なった局面で強化される。

 第1はバブルが進行し、民間の建築需要が「上げ潮」となる局面である。第2は、バブルが弾け、経済危機が深刻化する状態で、ケインズ的総需要拡大政策の後押しを受けて、官製による建築需要が「上げ潮」となる局面である。

 経済危機との関わりが強くなる局面では、芸術としての「建築」もステージの中央に立つことになる。実際、今回の対談で、筆者が強い印象を受けた話がある。

 バブル崩壊後のケインズ的建設需要が盛り上がる局面で、「ハコモノ」の花形供給者に祭り上げられた磯崎新、黒川紀章といった日本を代表する建築家に、その後、国内からの依頼が激減したという話である(※編集部注:明日掲載予定のシリーズの2回目で詳しく触れます)。

 政治家自身は、かつてケインズが『雇用・利子および貨幣の一般理論』で提案したような「穴を掘ってそれをまた埋める」といった公共事業でも、ともかく雇用がつくれさえすれば満足なのだろうが、さすがにそれでは議会を通らないので、有名な建築家のネームバリューを「ハコモノ」につける必要性が生じてくるというわけである。

 「小泉改革」始動以来の「無駄な公共事業」への批判の高まりの中で、磯崎、黒川両氏も「共犯者」として槍玉に挙げられ、日本の市場からの締め出しを受けたのだろうが、どう考えてもこの問題の責任は、依頼者である国と地方自治体にある。両氏は政治家の身勝手な行動の「被害者」にしかすぎない。黒川紀章氏が死を前にして都知事選に立候補した行動は、それを考えて解釈すると何か痛ましく感じられる。

 公的な建造物の建設について、地域の素材、歴史を十分に取り込み、「地域からの文化の発信」を重視した行動を貫かれている点で、隈氏は、磯崎、黒川両氏の世代と一線を画しておられる。地域との真の意味での結びつきの弱さが、両氏の「悲劇」を生んだと認識されておられるのかもしれない。

 さらに、近年の低金利を背景にした都心での高層建築のラッシュについても、そのビジネスモデルとしての脆弱性を堂々と批判しておられる。「不動産バブル」というテーマを語るに最もふさわしい対談相手として、ご登場をいただいた。

*   *   *   *   *

(写真:大槻純一、以下同)

隈 研吾(くま・けんご)

1954年生まれ。79年東京大学建築学科大学院修了。コロンビア大学客員研究員を経て、隈研吾建築都市設計事務所設立。現在、東京大学教授。主な作品に「亀老山展望台」(公共建築賞優秀賞、「JCDデザイン賞'95」文化・公共施設部門最優秀賞受賞)、「森舞台/宮城県登米町伝統芸能伝承館」(日本建築学会賞受賞)、「馬頭町広重美術館」(村野藤吾賞、林野庁長官賞受賞)、「サントリー東京新社屋」「長崎県立美術館」「サントリー美術館」「ティファニー銀座」。著書に『反オブジェクト』(筑摩書房)『新・建築入門』(ちくま新書)『負ける建築』(岩波書店)『新・都市論TOKYO』(集英社新書)『自然な建築』(岩波新書)など。


竹森 隈さんの著書『負ける建築』を読んで、建築規制であるゾーニング法(注:その場所で建設できる建物の種別とボリュームとをあらかじめ設定し、制限する法制度のこと)という概念に衝撃を受けました。ここにこそ住宅バブルの原点があると感じたのです。

 つまり、この法律のおかげで供給が限定されるようになったからこそ、住宅の資産価値が保証されることになった。普通は需要が増えれば、供給も増えて価格が下がり、住宅投資は儲からなくなる。ところが、供給が限定されているので資産価値が生じる。

供給を制限しビルを資産に変えた

 アメリカの場合、摩天楼が上へ上へと伸びていく中で、あえて建築の供給の制限を導入した。それで収入を保証し、同時にビルを資産の対象に変えた。そう書かれておられますが、なるほどこれがすべての始まりだと思ったのです。こういう動きはアメリカでは1910年代、第1次大戦の前に起きたのですね。

 そうです。1910年代はまず形態規制だけで、斜線制限や高さ制限といったものから規制が始まりました。

 ニューヨークの場合、1910年代は敷地の4分の1の部分までならば、ビルはほぼ無限大に高くしてもよかったのです。エンパイアステートビルやクライスラービルができた大恐慌前後の時代には、まだこの4分の1規制が生きていました。実際にはそんなに細いビルを無限大に高くしていったとしても、階段とエレベーターで中身がなくなってしまいますから、自動的に床面積の限界は出てきます。その後出てくるのが、容積率という考え方です。

 敷地面積の500%、あるいは600%などと容積率を決め、それ以上の面積になる床を作ってはいけないという制限です。

コメント9

「経済危機は9つの顔を持つ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック