• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

この株価回復ではまだ安心できない

  • ハンカー・オジヤサール

バックナンバー

2009年5月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3カ月前、投資家は過度に悲観的で、まるで世界が崩壊するかのように考えていた。しかし実際には崩壊することはなく、株も債券も反騰した。すると今度は楽観的な雰囲気が蔓延し、金融機関は事業収益で現在抱えている問題を乗り切り、今年後半には景気後退から脱するとの観測が広がった。

 だが、これも早まった判断かもしれず、最近上昇していた相場は反落し、より現実的な水準に落ち着く結果となっても全く不思議ではない。

 現在、米国経済は良好な状態にあるとは言い難い。失業率は急上昇、ビッグスリー(米自動車大手3社)の一角であるクライスラーが経営破綻し、別の1社であるGM(ゼネラル・モーターズ)にも破綻の危機が迫っている。さらに、米国の財政赤字は急激に拡大している。

 こうした悪条件にありながら、投資家はかなりの利益を得ている。市場が下がり過ぎていたのと、政府の支援策が実施されたことが、相場好転につながったからだ。

ストレステストや実体経済の実情に疑念

 だが、この相場も終わりに近づいているようにも見える。投資家が、政府による金融機関への「ストレステスト(財務健全性を審査する資産査定)」や実体経済の実情に対し、疑念を持ち始めているからだ。

 金融市場の歴史上、類のない大幅な下落局面を経て、米国の株式市場は前回の記事以降さらに上昇が続いていた。主要株価指数は9週連続で上昇し、ダウ平均は25%以上値上がりした。同時期に金融株は2倍以上に高騰。工業株の上昇率も50%を上回った。

 ジャンク債は過去最高の急反発を見せ、最もリスクの高い部類であるCCC(トリプルC)以下の格付けの債券は40%近く上昇し、BB(ダブルB)格付けの銘柄も約14%上昇した。

 相場上昇にはいくつかの要素が影響していた。だが、現在、その要素いずれに対しても、その評価の妥当性に疑問の声が上がっている。以下、それぞれ個別に検証する。

株価は割安だったのか

 1つ目の要素はまず、この上昇基調が始まった頃、株価が極めて割安に感じられたことだ。

 だがこれは、もはやそれほどではない。S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)500種株価指数のPER(株価収益率)は約16倍と、現在でも過去の平均よりは低いが、新興国市場の方が価格変動のリスクも少なく、かなり割安感がある。

コメント1

「The U.S. Economy(ハンカー・オジヤサール)」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員