• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

究極のロビイスト“ゴールドマン”の罪

神谷秀樹氏と「強欲」資本主義の終焉と金融の「質」について議論する(上)

  • 竹森 俊平

バックナンバー

2009年6月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は激論である。予想通りにと言ってもいいかもしれない。実は対談の前に神谷秀樹さんからメモがきた。自分は現在米国や日本が取っているような巨大な景気刺激策は、財政破綻の危険を招くだけで意味のない愚行だと考えている。この点について竹森先生が同じ考えなら、大いに糾弾しようではないかと言うのである。

 しかるに、筆者は不況の際の景気刺激策を原則として容認する。その立場を一貫してきたつもりである。だからこの点については、前回と同じように討論になりますね、と神谷さんには伝えておいた。そう、神谷さんとの対談は今回が2度目である。前回は、今は休刊となった「諸君!」という雑誌でのM&A(合併・買収)の是非を巡っての対談だったが、その時も景気刺激策については討論になったのである。

金融業ほど仮借ない論理性に貫かれたビジネスはない

 逆に言うなら、景気刺激策以外の点では神谷さんとさほど意見が異ならない。それは前回も今回も同じである。というより、筆者はウォールストリートの中枢で活動されながら、自分の考えを貫かれてきた神谷さんの識見に毎回深い感銘を受けている。対談をしてこれほど勉強になることも稀である。書物や新聞を読んで、一生懸命、頭を働かせながら、ようやくおぼろげにアメリカの金融界の状況をつかめているという一介の経済学者にとって、ルービン(元米財務長官)やポールソン(前財務長官)のような金融界の大物と直接渡り合ってきた方のお話ほど貴重なものはない。

 一般の読者には、ウォールストリートで活躍しながら、アメリカの資本主義を賛美する代わりに、くそみそにこき下ろす神谷さんのような人物はひょっとしたら「変人」に見えるかもしれない。何かというと「アメリカではね…」と言って、日本のビジネスをバカにするタイプの方が、一般の受けが良いのかもしれない。

 だが、ビジネスの環境にも、証券マンのステレオタイプにも縛られないで独自の行動を貫ける人物だからこそ、ウォールストリートでの活躍が可能なのだ。神谷さんの本のタイトルには、「強欲資本主義」という「えげつない」言葉が毎回出てくるが、そのために下手をすれば、読者はどこか中身の薄っぺらい本を予想してしまうのではないかと危惧する。だが、「GREED(強欲)」という言葉は、ニューヨーク・タイムズのようなアメリカの高級ジャーナリズムでも頻繁に使われる言葉で少しも「えげつない」ものではない。それに神谷さんの本はいつも実に格調が高い。

 筆者は証券業と銀行業を分離するグラス・スティーガル法の実質上の廃止が、今回の金融危機の一因になったかどうかについて考え迷ってきたのだが、今回、神谷さんの説明を聞いてその迷いが解けた。まことに理路整然とした説明をされたのだ。

 その時に分かったことなのだが、神谷さんが今のウォールストリートを徹底して批判するのは、ご自身が金融業の本来のセンスを身につけておられるからなのだ。そもそも金融業ほど、仮借ない論理性に貫かれたビジネスは存在しない。かつてその論理性は、いかにしたら長期の視野に立った金融ビジネスを築けるか、いかにしたら過剰な利益追求によって経営破綻を招くことを避けることができるか、といった「賢者の知恵」について、つまりセーフガードの構築についてとくに透徹していたのである。

 その論理性を身につけた人物が今のウォールストリートを批判するのに何の不思議もない。それでは読者にも、冴えた論理の衝撃を堪能していただくことにしよう。

(写真:村田和聡、以下同)

神谷 秀樹(みたに・ひでき)

ロバーツ・ミタニLLC創業者兼マネージング・ディレクター。1953年東京都生まれ。小学校時代をタイで過ごし、75年早稲田大学政経学部経済学科卒業後、住友銀行入行。ブラジル・ミナス・ジェライス連邦大学留学を経て、84年ゴールドマン・サックス証券に移籍。92年に日本人では初めて米国で投資銀行の「ミタニ&カンパニー・インク」を設立、95年に「ロバーツ・ミタニLLC」に社名変更。米国在住。著書に『ニューヨーク流たった5人の「大きな会社」』『さらば、強欲資本主義』(いずれも亜紀書房)『強欲資本主義 ウォール街の自爆』(文春新書)がある。最新刊は共著『世界経済はこう変わる』(光文社新書)。これまでに大阪府海外アドバイザー、フランス国立ポンゼショセ大学国際経営大学院客員教授などを兼務。日経ビジネスオンラインでは創刊した2006年4月から「日米企業往来」を連載中。


竹森 4月に開催されたG20(20カ国・地域)首脳会合(金融サミット)の結果を、神谷さんはどう受け取られましたか。

神谷 アメリカと欧州の考え方がはっきり出ましたね。まずアメリカは、景気刺激策をどんどんやれという姿勢です。それに対して、ドイツやフランスといった国は、なぜこのような金融危機が起きたのか、規制の在り方がおかしかったのではないか、まずはその問題を是正すべきだ、という態度でした。

 もう1つの相違点は、スティミュラス・パッケージ(景気刺激策)の金額についての考え方です。借りるのは返せる範囲に収めましょうというのが大陸ヨーロッパの人たちの考え方です。ヨーロッパでも住宅バブルは起こりましたが、ノンリコース(非そ及型)のローンで、借りるだけ借りてぜいたくをするというような形にはなりませんでした。

コメント2件コメント/レビュー

密度が高い対談で、読者も大勢読んでいるようだが、あまりコメントがないですね。オバマ政権のもとで発表された金融ビジネスの規制改革の方向性は、やはり正しいと、この対談を読みながら再度思いました。ただし、金融界からの強い抵抗で改革が骨抜きにされる可能性もやはり高い。商業銀行だけでなく、投資銀行、ヘッジファンド、その他ノンバンク金融機関もカバーする効果的で実行力のある規制改革が実現することを期待しているが、やはり「影の権力」によって阻止されるんだろうか?(2009/06/11)

「経済危機は9つの顔を持つ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

密度が高い対談で、読者も大勢読んでいるようだが、あまりコメントがないですね。オバマ政権のもとで発表された金融ビジネスの規制改革の方向性は、やはり正しいと、この対談を読みながら再度思いました。ただし、金融界からの強い抵抗で改革が骨抜きにされる可能性もやはり高い。商業銀行だけでなく、投資銀行、ヘッジファンド、その他ノンバンク金融機関もカバーする効果的で実行力のある規制改革が実現することを期待しているが、やはり「影の権力」によって阻止されるんだろうか?(2009/06/11)

今朝、NY原油先物が70ドルを突破しました。ロシアが「赤字になる」と音を上げた70ドルラインをです。そしてゴールドマンの株価は・・ゴールドマンの思想は「自分さえ儲かれば自由など売ってやる」的な、ベンジャミン・フランクリンの自由資本主義の思想とは対極、もっと言えば国家社会資本主義の考えに拠っているのではないか、とすら疑います。かつてドイツ(ゴールドマンはドイツ系移民が始祖)がスターリンと組んで東欧を蹂躙し、結果として鉄のカーテンが敷かれた歴史を繰り返しているかのようです。(2009/06/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長