• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

不況が自殺を増加させるのはなぜか

背景にある2段階で労働者を「放出」するメカニズム

2009年6月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 わが国では、近年自殺者数が高い水準で推移しており、大きな社会問題になっています。2006年には、自殺対策基本法が制定され、2007年には自殺総合対策大綱も決定され、政府を挙げた取り組みも始まるほど、深刻化しています。足元でも失業の増大が自殺者数の増大につながるのではないかと懸念される中、失業率がすでに上昇し始めており、対策の加速が求められています。

なぜ、ここまで自殺問題は深刻化したのか

図2 2008年における職業別自殺者数

職業 自殺者数
(人)
構成比
自営業・家族従事者 3,206 9.9%
被雇用者・勤め人 8,997 27.9%
学生・生徒等 972 3.0%
無職者 18,279 56.7%
不詳 795 2.5%
総数 32,249 100%
出典:警察庁

図3 2008年における原因別の自殺者数
(合計以外は重複あり)

家庭問題 3,912
健康問題 15,153
経済・生活問題 7,404
勤務問題 2,412
男女問題 1,115
学校問題 387
その他 1,538
不詳 8,759
合計 32,249
出典:警察庁

 わが国で自殺問題が深刻化したのは、1998年からです。当時の通貨金融危機の中、失業率や倒産件数が跳ね上がるのと時を同じくして、自殺者数が急増しました。しかし、景気がその後回復し、失業率も2007年まで低下したにもかかわらず、自殺者数は減少しませんでした(図1)。わが国における自殺率は主要先進国の中では最悪の状態が続いています。

 警察庁の統計で2008年における職業別の自殺者を見ると(図2)、自殺者の半数以上が無職者でした(全体の56.7%)。また、原因別に見ると健康問題が大きく、半数近くに及びます。次いで経済・生活問題による自殺者数が、7000人以上存在します(原因は重複します)。

 このようなデータは、自殺の発生時点の状況を捉えたものです。しかし、自殺者の多くは複数の要因が重なり、かつ様々な経歴を経たうえで自殺に至っていることが多く、自殺発生時のデータだけでは、経済社会全体を覆う課題は捉え切れません。

 自殺の増加は、経済危機の発生とタイミングを同じくしており、データの特徴と整合性のある原因は、おそらく経済問題(特に失業や破産)であると考えられます。以下では、経済危機が自殺の増加に繋がり、しかも景気が回復したにもかかわらずその後高水準で持続した原因について、筆者の分析(注)を紹介したいと思います。

(注)桑原進(2008)「景気変動と自殺率に関する経済分析―企業行動からのアプローチ―」、GRIPS Discussion Paper 08-16。本稿での議論は、本来必要な様々な仮定を省略しています。詳細は本ディスカッションペーパーをご覧ください。政策研究大学院大学のウェブサイトから自由にダウンロードできます。

雇用維持規範の喪失による「放出」効果

 私は、自殺増に最も寄与した経済社会の変化は、雇用維持規範の喪失ではないかと考えています。一般に解雇に関する規制の解釈は経済情勢により変化します。

 不況時には、正規職員であっても企業の経営状態を理由とする解雇が容易になります。しかし、1997年の通貨金融危機以降は、景気循環に応じてというものでなく、長期雇用を維持する考え方そのものが急速に失われ、非正規雇用が急増することとなりました。また、職員の再就職支援に関する規範も失われました。すなわち、単なる景気循環による失業の増加ではなく、雇用維持に関する規範意識の変化、一種の「レジーム・スイッチ」が発生したと考えられます。

コメント33件コメント/レビュー

自殺は抑うつ感により起こる。今の40代から下は、個の重視が叫ばれ、自己主張をすることが大切、もっと人生を謳歌しましょうと習っているため突っ張りとおそうとする。一方で、年功序列が残っており、中途半端な能力の上司や経営者、既得権を離さない旧企業や公務員などが幅を利かせていて尊敬する対象とならず、素直に従えない。開放による成果は、金融博打による成金しかない。それも、金融危機で崩壊、財産を吐き出す羽目になった。こういった閉塞感が自殺を増加させている。組織 (日本) が強くなるためには、優秀な人間を上に上げなければならないのだが、客観的で強力な制度の確立が遅れているために、優秀な人は居るのに経験を積ませることができない。そのため、知恵が蓄積せず対外的に後れを取る。優秀な人間の定義は複雑化しており、旧来のモノサシで測れなくなっているのに、追い上げられた上位のものが保身のために全力を尽くす不毛な事態が繰り返されている。それに加えて、残念ながら日本人の判断能力は磨きが掛かっておらず、愚衆化が進んでいる。これも、マスコミの保身の弊害。ショックを和らげる療法は、病後の肥立ちを妨げていると思う。安全に合併するより倒してしまったほうが良かったと思われる。パタパタ倒れるアメリカの方が自殺率が少ないのなら、何をかいわんやである。進んだ社会は安全で個の自由が多く、個人の能力を発揮できる。今の日本は安全を脅かされることで自由が失われている。(2009/07/10)

「データが語るホントの経済」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

自殺は抑うつ感により起こる。今の40代から下は、個の重視が叫ばれ、自己主張をすることが大切、もっと人生を謳歌しましょうと習っているため突っ張りとおそうとする。一方で、年功序列が残っており、中途半端な能力の上司や経営者、既得権を離さない旧企業や公務員などが幅を利かせていて尊敬する対象とならず、素直に従えない。開放による成果は、金融博打による成金しかない。それも、金融危機で崩壊、財産を吐き出す羽目になった。こういった閉塞感が自殺を増加させている。組織 (日本) が強くなるためには、優秀な人間を上に上げなければならないのだが、客観的で強力な制度の確立が遅れているために、優秀な人は居るのに経験を積ませることができない。そのため、知恵が蓄積せず対外的に後れを取る。優秀な人間の定義は複雑化しており、旧来のモノサシで測れなくなっているのに、追い上げられた上位のものが保身のために全力を尽くす不毛な事態が繰り返されている。それに加えて、残念ながら日本人の判断能力は磨きが掛かっておらず、愚衆化が進んでいる。これも、マスコミの保身の弊害。ショックを和らげる療法は、病後の肥立ちを妨げていると思う。安全に合併するより倒してしまったほうが良かったと思われる。パタパタ倒れるアメリカの方が自殺率が少ないのなら、何をかいわんやである。進んだ社会は安全で個の自由が多く、個人の能力を発揮できる。今の日本は安全を脅かされることで自由が失われている。(2009/07/10)

執筆者の桑原です。現時点で(6月16日15時)30ものコメントをいただき、感謝申し上げます。いただいたコメントを下に、改めて研究を深めて参りたいと存じます。今後とも、よろしくお願い申し上げます。(2009/06/16)

執筆者の桑原です。現時点で(6月16日15時)30ものコメントをいただき、感謝申し上げます。いただいたコメントを下に、改めて研究を深めて参りたいと存じます。今後とも、よろしくお願い申し上げます。(2009/06/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長