• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

テレビの前の国民を説得する努力を

ジェラルド・カーティス氏と「政治という日本の弱点」を議論する(下)

  • 竹森 俊平

バックナンバー

2009年7月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

カーティス 僕は政治報道についてのマスコミの反省が必要なのではないかと考えます。政治部の記者たちが書かされているのは、主に政局の話であって、政策のことではない。またうわさを事実のように書く。記者クラブ制度や夜回りの慣習も問題で、国民に伝えるべき情報は十分伝わっていないように思います。

 あんまりセンセーショナルにニュースを取り上げると、冷静さが失われて国民の感情を煽る恐れはある。戦前、1930年代、日本が軍国主義の道に入って行ったのは、ナショナリズムを煽るような報道をしたマスコミの責任もあるでしょう。

 民主党が今度政権を取って、政権交代が行われたら、政策争いが激しくなるでしょうし、国民が判断できる情報をマスコミが客観的に伝える必要は今まで以上に重要になる。マスコミこそが55年体制から脱皮していないように見えますが、その改革はこれからの課題だと思う。

 民主党はオバマさんのように、新しい政治手法を考えればいいと思います。例えば、オバマさんはタウンミーティングをよくやります。国民に直接質問され、それに答え、その様子がテレビで放映される。どんな質問をされても自分の理念と知識があるからすぐ答えます。このようなことを日本でやればいいと思いますが、理念があって、政策の知識もあって、説得力があって、初めてこのやり方の意義があります。そういう能力がこれからの日本のリーダーたちにあるかどうか。

マニフェストがつまらないのは“官僚マインド”だから

竹森 鳩山さんには能力はあるのでしょう、頭はいい人だと思います。民主党が本当に大きく勝つつもりなら、政策をはっきり出さなければダメでしょう。そういう意味では小沢さんが辞めたのは良かった。彼だったら、政策論争をいつまでも避ける作戦を取っていたかもしれない。まあ、今は民主党も、いくら何でも政策を提案しなければいけないことに、ようやく気がついたと思います。少し遅すぎるような感じがしますが。

 マニフェストなんて誰も読まないと言いますが、総選挙では何か言わなければいけないから、政策論争のチャンスではあります。

カーティス 僕自身はマニフェストに対してどちらかと言えば冷たい目で見ています。アメリカでは民主党も共和党もプラットフォームを出す。政策の約束をすることを、プラットフォームと言いますが、これを大会の時に出します。これはどちらかと言えば活動家が喜ぶようなものばかりを書いたもので、政権を取れば誰もそれほど重視しない。

(写真:村田和聡、以下同)

ジェラルド・カーティス(Gerald L. Curtis)

コロンビア大学政治学教授。日本の政治研究の第一人者。1940年米ニューヨーク生まれ。62年米ニューメキシコ州立大学卒業、69年米コロンビア大学大学院政治学博士課程修了。76年から現職。早稲田大学客員教授。67年に博士論文の執筆のため来日、第31回衆院選挙で大分2区から出馬した自由民主党の佐藤文生(故人)候補に密着。この博士論文を基に、71年に『代議士の誕生』を出版した。三極委員会委員、米外交問題評議会委員、米日財団理事。大平正芳記念賞、中日新聞特別功労賞、国際交流基金賞を受賞、旭日重光章を受章。主な著書に『日本型政治の本質』『日本政治をどう見るか』『永田町政治の興亡』『政治と秋刀魚』など。今秋、絶版になっていた『代議士の誕生』が日経BPクラシックスの1冊として新訳で刊行される予定。


 政権を取った時には事情も変わります。政治は生き物で、マニフェスト通りにやるというのは、あまりにも役人っぽい考え方であると僕は思うんです。もちろん、政権を取れば何を優先的にやるつもりかと書くことに、意味がないわけではないのですが、マニフェストの枠にはめられて柔軟性を失うのも良くないですね。

竹森 これまで配られたものは本当につまらないですね。延々と書いてあるだけでどうしようもない。日本人は書き方が下手なんでしょうか。大事なところをアピールすればいいのに、電話帳みたいなものになっている。

カーティス 官僚のような書き方なんです。官僚の影響がいろいろな意味で大きすぎる。政治主導と言っていますが、下手をしたら、政治家の官僚化になってしまう。この危険性がすごくある。もう既に官僚的な発想、官僚マインドで政治をやっている人が多すぎる。

分かりやすくしゃべると頭が良くないと思われる日本

竹森 2008年の夏頃、オバマはヨーロッパでものすごい人気でした。ベルリンにオバマが行った時に、20万人という記録的な群衆を集めた。彼は発言が非常にアーティキュレートされていて、明快な、学者的な政治家だと思います。彼の演説や書物、特に彼の1冊目の本(『Dreams from My Father』、邦題『マイ・ドリーム―バラク・オバマ自伝』)は語彙も豊富だし、素晴らしい流麗な文章で書かれています。この本を読んで本当に文才がある人だなと感じました。

コメント6件コメント/レビュー

さすがにカーティス先生と竹森先生の対談です。面白いです。ですが、個人的には、マスコミに反省を迫っている点は「?」です。何故なら、マスコミというものは、「めっけ、めっけ」と騒ぎ立てるのが関の山で、「国民が判断できる情報をマスコミが客観的に伝える」ことなど土台無理だと思うのです。なんと言っても、煽った方が売れるのですから。このようなマスコミを変える方法は1つしかない。国民が良質の受け手になることです。メディアリテラシーを学び、インテリジェンス能力を鍛える。良質の記事を載せるメディアのみを選択する。ただ、これも実現困難なので、<煽るマスコミ・乗せられる国民>の構図が未来永劫続くのでしょう。(2009/07/10)

「経済危機は9つの顔を持つ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

さすがにカーティス先生と竹森先生の対談です。面白いです。ですが、個人的には、マスコミに反省を迫っている点は「?」です。何故なら、マスコミというものは、「めっけ、めっけ」と騒ぎ立てるのが関の山で、「国民が判断できる情報をマスコミが客観的に伝える」ことなど土台無理だと思うのです。なんと言っても、煽った方が売れるのですから。このようなマスコミを変える方法は1つしかない。国民が良質の受け手になることです。メディアリテラシーを学び、インテリジェンス能力を鍛える。良質の記事を載せるメディアのみを選択する。ただ、これも実現困難なので、<煽るマスコミ・乗せられる国民>の構図が未来永劫続くのでしょう。(2009/07/10)

> 政治部の記者たちが書かされているのは、主に政局の話であって、政策のことではない。またうわさを事実のように書く。まさに、分かりやすくて的確な指摘ですね。多少通俗的な表現をすれば、「日本の政治報道は、芸能レポーターと変わらない。誰と誰が好きだとか、別れたとかにしか興味がない」といったところでしょうか。ネットでは指摘され続けていることですが、マスコミの当事者は、気に留めることはないようです。アカデミズムやエンジニアリングでは当然の、合理的精神に基づく、客観的分析の訓練を経ずして、社会の出てしまったので、批判の意味が理解できないのでしょう。また、理解してる人は、デスクに無視され、記事が日の目を見ることはないのかもしれません。(2009/07/10)

国民が判断できる情報をマスコミが客観的に伝える必要がある。商業放送の聴視率に制約される商業放送のウエーブに引き付けられている。「分かりやすくしゃべる人は、あまり頭が良くないと思われる」。そんなことはありません。三木武夫総理大臣、投票前の2日間、全県1区の徳島県全域を、5分から6分。農家(水田地帯・山間部・園芸農家)漁村(釣漁師町・網漁師町・遠洋漁師町)市街地。地域特性を踏まえ、短時間に、集まった聴衆のレベルに即応して、分かりやすい、スピーチで駆け抜け、トップ当選を続けられました。明治大学弁論部で鍛えた音声、間の取り方。頭の良さ、選挙民を魅了した、三木武夫先生の偉大さを思い起こします。(2009/07/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員