• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

会社に要求を突きつける活動は“アクティブ”ならず

  • 吉野 永之助

バックナンバー

2009年7月13日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 巨額な資金を背に、投資先企業に要求を突きつける。それがファンドであり、ファンドマネジャーの仕事である。こんな“誤解”をしている人も少なくないかもしれません。しかし、そんなのは特異なタイプです。

 ファンドマネジャーの第一歩は、企業を理解することから始まります。単に財務データなどの情報を集めて、企業を知るのではなく、経営者、従業員、文化などを深く理解しなければなりません。決して企業と敵対する存在ではないのです。

IR担当者とどうかかわるか

 私は、長年のファンドマネジャーの経験から、この企業を理解するためのステップが投資行為には必要不可欠であると考えています。この手順を踏まない投資行為はあり得ません。企業への理解が深まれば、事業活動を推察できるようになります。この結果、成果の向上かつリスクの回避につながります。

 今回は、「本来の」ファンドマネジャーが、企業の窓口となるIR(投資家向け広報)担当者とどのようなコミュニケーションを取っているのか、その一端を紹介します。どんな視点でどのような議論を交わしているかを知っていただくことで、「インサイター」(造語:洞察力を持つ人)に通ずるヒントを提供できると思うからです。

 さて、IR担当者との出会いは、いつも刺激的です。財務の健全性や商品の競争力といった話も当然しますが、私がよく話題にしているのは「中期経営計画の意味」です。また、将来の夢や希望といった話もします。それは、この会社と長く添い遂げられるかを見極めるためです。

 特に楽しいのが、企業の歴史や伝統について議論している時間です。こうした対話を通じて、財務分析による判断とは異なるオリジナリテイーに富んだ企業価値観が得られるからです。

 だから、社史に詳しいIR担当者は重宝します。会社の創業から、創業者の理念、そして何年に1回は起こるアクシデント、そしてその処理方法。こういった企業の歴史を学ぶことが、すなわち企業価値に接近する手だてです。

 人も会社も事故を経験して、育っていく過程がありありと分かり、いつの間にかその会社の社是として生きていることも多く見られます。幾つかの企業では、クレド(信条)という形でそうした教訓を残しています。

コメント0

「「インサイター」になろう!~会社がわかる、社会がかわる~」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック