• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

CO2は、2007年比で777%削減できる

世界に貢献するカーボン・デカップリング論

  • タナカ(仮称)

バックナンバー

2009年11月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 持続可能と成長が両立する社会の実現に向けて、市井から政策提言する「やちよ経済構想」の連載第2弾。タナカ(仮称)でございます。

 前回は、持続可能社会のために300兆円を超える社会投資をしましょう、そのお金はありますよという、荒唐無稽とも取れる提言を行いました。

 今回は、最近色々と目にする機会が多い、CO2(二酸化炭素)削減計画です。

 このテーマはCOP3(気候変動枠組条約第3回締結国会議:1997年の京都会議)の時に渋谷で問題提起目的のパレードを企画して以来ですから、結構、長く付き合ってきました。そんなわけでいろいろな思いもありますが、ちょっと控えめな提言に留めます。

日本の国家目標

2007年※比 マイナス777% ラッキーセブン・プロジェクト!

※IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第4次報告の公表年

 民主党政権になってから、産業界の反発を押し切って、鳩山由紀夫首相は国連で日本の目標として1990年比25%削減を宣言しました。ただ、ほかの国がついてこなければやらない、と言っているので、本気でやりたいのかどうか分かりません。産業界は強硬に批判しており、政府が決めても現場がついてくるどうか、さらに分かりません。

 しかし私は本気でCO2削減をやりたいので、上のようなテーマを立ててみました。落としどころを考えてブラフを言っているわけではありません。

世界のCO2排出の現状はどうなっているのか

 まあ普通に考えたら、マイナス100%を超える削減はできません。排出量をゼロ以下にするということですから。しかし、京都議定書の精神を援用すれば可能です。

 何を提案するのかはおいおい書いていくとして、まずは以下の表をご覧ください。

 これは、全世界の温暖化ガス排出量のCO2換算値です。本質的には、これが重要です。換算ベースでは500億トン弱というところと考えてください。最終的にはここがゼロになればいいなと思います。ただし過去の蓄積分も含めると、さらにハードルが高くなります。

出所: EDMC/エネルギー・経済統計要覧2009年版
全国地球温暖化防止活動推進センターより転載

コメント47

「国富倍増計画「やちよ経済構想」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長