• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

クリスマス商戦、「大化け」の期待も

  • 勝藤 史郎

バックナンバー

2009年11月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国経済の一大イベントである年末商戦が近づいてきた。年末商戦は、小売業者にとって年間に売り上げの25~40%を占める時期と言われている。またそれは同時に米国経済の状況を確認する重要な時期でもある。

 特に今年は、成長率が7-9月期に5四半期ぶりにプラス転じて景気が底入れした後、回復軌道に乗りかかっている時期に年末商戦が訪れる。来年にかけての景気回復が本格的になるかどうかを見極める重要な商戦となる。

 昨年の年末商戦は、90年代以降では初めて売上が前年を下回るという歴史的な惨敗だった。9月のリーマンショックをきっかけに株価は急落、金融危機と失業の急拡大で米国景気の最悪期であった。

業界団体の予想は強気・弱気が錯綜

 小売業者も例年以上に万全の体制で商戦に臨む。ディスカウントストア最大手のウォルマートは10月から、人気の玩具を10ドルで販売するキャンペーンを開始した。これは昨年と同様のキャンペーンだが、昨年は10種類だけであった10ドルセールの対象商品を、今年は100種類に拡大する。

 今年の年末商戦について、業界団体の予想は強気・弱気が錯綜している。国際ショッピングセンター評議会は、今年の年末商戦売り上げを前年比1~2%のプラスと見ている。一方、全米小売業連盟は逆に前年比-1%のマイナスと悲観的な予想を出している。

 筆者自身は少なくとも前年比横ばいの売上と見ている。

 さらにどちらかといえば現在はやや強気で、前年比プラス方向にぶれる可能性が高いと見ている。結果的に年末商戦が前年比プラスであれば景気はやや楽観的にみてよく、マイナスであれば失望感があるということになる。

 景気回復は遅い、というのが筆者の基本的な見方だったが、最近の指標を見ると意外にも消費が早いスピードで回復している様子が見える。特にこれから年末にかけての短期間には消費者が財布の紐を徐々に緩めだしている証跡がいくつかある。

コメント2

「Money Globe from NY(勝藤 史郎)」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長