• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

宋文洲です。北京で生活始めました

2009年11月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 自動車販売台数、貿易輸出額、粗鋼生産量...。数々の分野で世界一に躍り出る中国。来年の予想経済成長率も9%と日米欧を大きく引き離す。しかし、急激な経済成長の影では過剰設備や貧富の格差拡大、産業の構造転換の遅れによる大卒雇用の低迷など、様々な問題への対応を迫られている。

 日経ビジネス2009年11月30日号では、特集「中国、独り勝ちの代償」として個別の経済指標を追うだけでは読み取りにくいリスクの実態と、その裏あるビジネスとしての勝機はどこにあるかを迫った。日経ビジネスオンラインでも、それに関連した内容を紹介していく。

 第1回目は、ソフトブレーンの創業者である宋文洲さんのインタビュー。中国人として初めて、創業した会社を東証一部上場企業にまで育て上げた異色の経歴を持つ宋さん。そのユニークな視点は、日経ビジネスオンラインで2006年4月~07年6月に連載した「宋文洲の傍目八目」でも発揮され毎回、読者から大きな反響を呼んだ。

 宋さんは今年7月から生活の拠点を中国・北京に移した。24年ぶりに祖国に戻った宋さんの目に、現在の中国はどのように映っているのか。率直な感想を聞いた。

 ―― 久しぶりに祖国である中国に戻られました。宋さんの目には、今の中国はどのように映っていますか。

 宋文洲 僕が国費留学生として初めて日本に行ったのは1985年です。それからずっと日本に住んでいたわけですから、24年ぶりに中国に戻ってきたことになります。

宋文洲(そう・ぶんしゅう)
1963年中国山東省生まれ。84年中国・東北大学卒、90年北海道大学大学院工学研究科修了。92年ソフト販売会社のソフトブレーンを創業、2006年に同社取締役会長を辞し、現在は執筆や講演活動などを続ける。

 改めて感じるのは、今の中国はもの凄い勢いで経済が発展している。僕が日本に初めて訪問したのは1985年ですが、今の中国はその時の日本と同じような活気が感じられます。あの時の日本はバブルが始まる頃で、ものすごい活気があった。今の中国にもそうした雰囲気が感じられます。

 今の中国の発展の原動力はどこにあるのでしょうか。いろいろなことが語られます。その1つには、「この国のリーダーが優れているから」という主張がありますが、それには僕は懐疑的です。

 ほとんどの中国人はまだ貧しいですから、皆が豊かになりたいという気持ちが強い。これはマグマみたいな力を持っている。国の力はそこにいる国民の総和ですから、皆が豊かになりたいと願っている国は成長します。

 だから「指導者が優れているから、中国は高度に成長している」とは僕は思わない。そもそも高度成長期には、官僚主導の経済運営が適しているのは当たり前のことです。増え続ける富を分配するのは、強い権限を持った官僚が差配した方が効率的だからです。

コメント8件コメント/レビュー

宋様 大変わかりやすい中国の紹介ありがとうございます。私はちょうど宋さんが日本に留学した頃に初めて北京大学の古い友人のお陰で幼少の家族連れで短期滞在しました。天安門事件前の空気に包まれた大学風景でした。その時、田舎育ちの私は幼少の30年つまり50年前の日本を想起しました。そして突然会議出席のため来週早々20年ぶりに北京に行くのです。外国で、日本人の友人を持つアジアの若い方から日本人の若者は歴史を知らないと言われて同意をせざるを得ない悲しさと、予想される北京の寒さと激変に言われ得ぬ感覚でいます。(2009/12/02)

「中国、独り勝ちの代償」のバックナンバー

一覧

「宋文洲です。北京で生活始めました」の著者

坂田 亮太郎

坂田 亮太郎(さかた・りょうたろう)

日経ビジネス副編集長

東京工業大学大学院修了後、98年日経BP入社。「日経バイオテク」「日経ビジネス」を経て2009年から中国赴任。北京支局長、上海支局長を経て2014年4月から日経ビジネスに復帰

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

宋様 大変わかりやすい中国の紹介ありがとうございます。私はちょうど宋さんが日本に留学した頃に初めて北京大学の古い友人のお陰で幼少の家族連れで短期滞在しました。天安門事件前の空気に包まれた大学風景でした。その時、田舎育ちの私は幼少の30年つまり50年前の日本を想起しました。そして突然会議出席のため来週早々20年ぶりに北京に行くのです。外国で、日本人の友人を持つアジアの若い方から日本人の若者は歴史を知らないと言われて同意をせざるを得ない悲しさと、予想される北京の寒さと激変に言われ得ぬ感覚でいます。(2009/12/02)

生まれ育った国をここまで客観視できるのは流石です。どの国にも、こういう方はなかなかいませんね。(2009/12/01)

宋さんの最後の愛国心の下りですが、現在の中国では国民だけでは無く、各諸民族や中国居留民による多国籍化と価値感(信条・思想)の多様化が進んでいると思います。中国を除くほぼ世界中全ての国が不況に苦しむ中、中国だけが経済発展することにより、海外から戻る愛国心のある人民達もさることながら、外国人(更に発展途上国のアフリカ諸国だけではなく、米国人、日本人を含む全世界から)の受入れを求められる時代が来ています。これらの異邦人を含む複合集団としての中華人民共和国を纏めるのには、やはりそれなりの強権体制と軍備を当然必要としますが、時として党・政府も変化を求められている事を自覚しているように見えます。宋さんの更なる慧眼を期待しております。(2009/11/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員