• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

世界を揺さぶる「ドバイ危機」

2009年12月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ヤシの木形の人工島や摩天楼など派手な開発を進めてきた中東ドバイ。政府系持ち株会社「ドバイワールド」などが抱える債務の返済猶予を要請した。問題は世界経済に波及。英経済紙は世界の金融システムの脆弱性を指摘する。

 ドバイショック――。世界一高い超高層ビルを建てるなど巨大不動産開発プロジェクトを次々に打ち上げてきたアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国政府が11月25日、政府系持ち株会社ドバイワールドなどが抱える債務すべてについて返済の猶予を要請すると発表した。これにより信用不安が広がり、日米欧の株式市場が急落するなど世界の金融市場に衝撃が走った。

 ドバイ向けには日米欧の金融機関が融資しているが、中心は大手英銀と言われる。英経済紙フィナンシャル タイムズ(以下FT)は、ドバイショックをどう報じているのか、追ってみた。

ドバイ首長のワンマンを批判

 FTは25日夜、オンラインに「ドバイ、返済猶予要請の衝撃」と題した記事を掲載。ドバイ政府による発表が、12月6日までほとんどの事務所が閉まるイード休暇が始まる前日、しかも地元の株式市場が閉まった後に行われた事実に触れ、「ドバイの想定外の動きに一部の投資家は激怒している。ドバイ政府高官らは、景気後退や不動産価格の暴落にもかかわらず、今や総額800億ドル(約7兆2000万円)にも上るドバイの債務について、その支払期限はすべて守ると何カ月も確約してきたからだ」とドバイ政府の情報開示の在り方を厳しく批判した。

 中東担当エディターも翌日、「いつものことだがドバイの問題は、誰1人として事実の全容をつかんでいないことだ。常にトップダウンで突然事が決まる」と、ドバイ首長国のシェイク・ムハンマド首長のワンマンぶりを批判。「周囲が彼の逆鱗に触れることを恐れて債務の実態を知らせてこなかったことが問題への取り組みを遅らせることになった」とも批判した。

 産油国に囲まれながら石油資源をほとんど持たないドバイは、野心的なムハンマド首長の下、借り入れを繰り返してはヤシの木の形をした人工リゾート島など、派手な不動産開発プロジェクトを次々に立ち上げ、中東の金融センターとしての地位確立に邁進してきた。だが、昨秋に金融危機が発生するや不動産価格は急落、資金繰りに窮した。ドバイがようやく5年物の政府債100億ドル(約9000億円)を発行し、同じUAEのアブダビ首長国に引き受けてもらったのは2月の話だ。

 なぜ助けを仰ぐのに時間を要したのか。「プライドの高いムハンマド首長は、ドバイのイメージダウンにつながると、救済を受けることには否定的だった」とFTは分析する。

 実際、「2月以降もドバイの政府高官は、あれ(アブダビによる政府債引き受け)は救済ではない」と様々な理屈を展開し、強く否定していたという。

 ひと息ついたはずだったが、「5月にドバイの置かれた状況を深く理解し、危機から救い出すべく中心となって動いていたナッサー・アル・シェーク財務長官が降格された」ことが大きな打撃となったとFTは言う。

 力ある人物を飛ばす一方で、自分に近い者は優遇する同氏の人事に見られる権力の一極集中には批判が集まっており、「意思決定に透明性がない以上、ドバイを巡っては今後、世界は事実よりも噂や推測で動くことになる」と取り巻く環境は厳しい、と断じた。

アブダビの出方を注視

 この中東担当エディターは29日、さらに「ドバイ周辺国の心配」と題して、ドバイ救済がいかに容易ではないかについても言及。まず、欧米が金融危機以降抱いてきた「中東諸国は、金融危機で苦境に陥った際も欧米の金融機関を支援するほど資金豊富だったから、どんなに負債規模が大きくても破綻させたりはしない」との楽観論は、ドバイワールドの問題では通用しないと指摘。その理由を次のように説明する。

コメント2件コメント/レビュー

この記事が載ったそばから、フィッチがギリシャ国債の格付けをA-からBBB+に引き下げました。ヨーロッパは足元に火がついた形になり、アイルランドとギリシャは来年末までに単一通貨ユーロからの離脱を余儀なくされるなどという予測をする銀行まで現れています。それがユーロとEUの不信を生み、売り要素となるとドバイからのヨーロッパ系資本の引き上げはかなり濃厚になります。資源のないドバイがそれまでにするべきことの第1は、ドバイワールドから首長を切り離すことと、精確な損失をディスクローズすること。しがらみの無くなったドバイワールドを連邦政府が保証することでしょう。引き続き動向をお知らせください。(2009/12/11)

「「真性デフレ」の恐怖」のバックナンバー

一覧

「世界を揺さぶる「ドバイ危機」」の著者

石黒 千賀子

石黒 千賀子(いしぐろ・ちかこ)

日経ビジネス編集委員

日経BPに入社後、英LSEに留学し修士取得。日経ビジネス、日経ナショナルジオグラフィック、日経ベンチャーを経て、2003年日経ビジネスに編集委員として戻る。主に、本誌の「世界鳥瞰」の欄を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この記事が載ったそばから、フィッチがギリシャ国債の格付けをA-からBBB+に引き下げました。ヨーロッパは足元に火がついた形になり、アイルランドとギリシャは来年末までに単一通貨ユーロからの離脱を余儀なくされるなどという予測をする銀行まで現れています。それがユーロとEUの不信を生み、売り要素となるとドバイからのヨーロッパ系資本の引き上げはかなり濃厚になります。資源のないドバイがそれまでにするべきことの第1は、ドバイワールドから首長を切り離すことと、精確な損失をディスクローズすること。しがらみの無くなったドバイワールドを連邦政府が保証することでしょう。引き続き動向をお知らせください。(2009/12/11)

規制を外して自由競争すれば、効率が良い、もうけが増えるということで、制限を外すから脆弱になる。もうけを増やそうと、少ない手持ちで、大きく相場を賭けられるようにするから、危険で、脆弱になる。(2009/12/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長