• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

どっこい、フィリピン人出稼ぎは頑張る

金融危機下でも海外からの送金は堅調、不安材料は「中東」

  • 竹島 慎吾

バックナンバー

2010年1月7日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ASEAN諸国では、海外労働者(出稼ぎ労働者)からの送金が家計を支える重要な収入源の1つとなっている。とりわけ、フィリピンは海外からの送金額が名目GDPの約1割を占めており、経済を支える柱となっている。

 世界銀行によると、新興国全体の海外労働者送金額は1998年の720億ドルから2008年は3378億ドルへ10年間で約5倍に拡大した。

 2009年の送金額は金融危機の影響により3172億ドル(前年比6.1%減)と1985年以来24年ぶりに前年割れとなる見込みだが、ASEAN5(タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム)は、367億ドル(0.7%増)とプラスを維持する見込みである。

 とりわけ、ASEAN最大の送金額を誇るフィリピン(同4.1%増)が堅調だ。そのほか、タイ(同2.8%減)、マレーシア(同1.1%減)、インドネシア(同2.3%減)、ベトナム(同4.2%減)は前年割れとなるものの、新興国全体に比べれば、マイナス幅は小幅にとどまる見込みである。

相次ぐ大型建設プロジェクトで中東の労働者が急増

 金融危機下でもASEANの海外労働者送金が堅調な背景には、中東やアジアからの送金が増加していることがある。

コメント4

「Money Globe ― from Asia(竹島慎吾)」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者