• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

20歳の若者は“ケガレた”日本しか知らない

迷妄を振り払え、自分の独創で新しい世界を!

  • タナカ(仮称)

バックナンバー

2010年2月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今の日本はケガレてるっ。お祓いが必要!

 何かの妖怪漫画か、怪しい新興宗教のようなセリフでの再スタートですが、大真面目なタナカ(仮称)です。皆様、お久しぶりです。怪しくないので(本当か?)、またしばらくお付き合いください。

 前回の連載では、「やちよ経済構想」と題して、世界に持続可能社会を築くために、日本は素晴らしい貢献ができるということ、また、それは同時に日本経済を再生する道であると主張しました。

ワタシが「行きたいところ」

 その前提として、暗黙に「こんな世界に暮らしたいな」という願望があったわけですが、その点には、あまり触れることなく、初回最終回にその萌芽のようなものが、ちらりと顔を出していた程度でした。これは、前回の連載が、もっぱら「やちよ経済構想」を概説するためのものだったからです。全体の構成と連載の回数を先に決めてから執筆したので、そのバランス上、なかなかこの部分を詳述することができませんでした。

 しかしそれでは、目的地設定をしていないナビゲーションシステムのようなもので、どこに行きたいのか分かりません。そこで、今回の連載では、「行きたいところ」をまず示し、その過程で問題となる日本社会のケガレをお祓いしていきたいと思うのです。

 ワタシの「行きたいところ」は、簡単です。

 第1に、この人間社会が「やちよ」に続いてほしい。

 第2に、やちよに続く「人間社会」の評価軸として、自分、家族、地域、国家、世界全体という同心円の中で、すべて無矛盾にその幸せを追求したい。

 第3に、そのためにとはいっても、人間以外の生態系をできるだけ犠牲にしたくない。

 第4に、それらを実現する手段として、経済的にうまく回る仕組みを提案したい。

 以上です。このうち前回の連載では、第4の部分について地味に私見を述べました。今回は第2を中心に、第3にも少し言及したいなと思います。

 この第1~4は、「そんなことできるのか?」と思われそうな壮大な課題です。しかしながら、ワタシは全然気にしていません。1人でパーフェクトに仕上げてしまう気なんか、はなからないからです。ヒト1人の知恵なんて限られたものです。

 たとえ完璧に仕上がらなくたって、ワタシの屍の上を踏み越えて進んでくれる方がいれば、それで結構。先に立ってラッパ吹いて風車に向かって突撃です。まるでドン・キホーテみたい? 前回の連載では「法螺吹き男爵みたい」と大好評でしたので、どちらでも似たようなものです。

カミサマは、そばにいる

 さて、このような目的を実現するためには、ここ20年くらいケガレまくっている日本社会を、元気にする必要があります。皆が元気になって、やる気になれば、1人ではできないことも容易に達成できるからです。

 また、国家としての日本の主体性も追求する必要があります。世界が必ずしも理想に向かっていないからです。

コメント35件コメント/レビュー

前の連載の時にも時々拝見しておりました。大風呂敷、良いと思います。頭の中で色々捏ねくり回した挙句何もしないより、まずは動いてみると行き先はともかく今より先に進みます。Just do itとただ命令されるのは嫌ですが、自分で良いと思った事を信じて進んだからこそ今があるのだと思います。間違っていると気づいたらそこでまた方向を変えて動くのもありですし。:木から降りた猿の子孫(2010/02/05)

「幸福達成計画「やちよ文明構想」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

前の連載の時にも時々拝見しておりました。大風呂敷、良いと思います。頭の中で色々捏ねくり回した挙句何もしないより、まずは動いてみると行き先はともかく今より先に進みます。Just do itとただ命令されるのは嫌ですが、自分で良いと思った事を信じて進んだからこそ今があるのだと思います。間違っていると気づいたらそこでまた方向を変えて動くのもありですし。:木から降りた猿の子孫(2010/02/05)

>そして単なる「気の持ちよう」が実際に日本に限らず世界の株式市場を上げ下げしているのは私たちが毎日見ている紛れもない事実です。<気の持ちようで上がった株価は、怪しげな情報ですぐに下がります。そんなものにたよって景気回復ができますか?気の持ちようで株が上がっても、実体景気は良くならない。バブルになるだけですよ。また、株が上がれば景気が良くなるものではない。日本の経済評論家なる輩は、実は経済ではなく、単に株の予想屋に過ぎないものが多い。そういう似非経済評論家が、日本の経済に悪影響をもたらす評論をしており、特にどこかの経済新聞に多い。(2010/02/05)

「不吉な言霊が現実を拘束する」というのは「言葉が社会を創る」という社会構成主義の考え方と通ずると思います。個人的にはしっくりきました。(2010/02/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員