• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「水引型経済」の二重構造化で再始動!

与えることで与えられる関係が、新たな高度成長を呼ぶ

  • タナカ(仮称)

バックナンバー

2010年2月17日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近、貧乏が加速しているので、趣味のオーディオ機器が新調できなくなったタナカ(仮称)です。

 輸入オーディオ機器、高いです。特に高級品の値段はもう、全然手が届きません。昔はまだ、ここまで高いような気がしませんでした。とはいえ、買えなかったのは同じことなのですが・・・(だから自作に走ったのですが)。

 しかし、舶来製品にしても、非常識に価格が上昇してしまったら、海外でも買える人なんかいないはずで、なんでそんなことになってしまったのかな、と考えたら、いくつか思い当たります。

日本経済の規模は15年前と同水準

 まず第1に、日本以外の先進国は、物価調整後でもここ20年で4~7割方、経済成長しています。

 このため、家計の可処分所得も相応に上昇しているはずです。それに合わせて高級化が進行していたとしたら、値段が同程度上がっていてもおかしくありません。

 この間、日本はそこまで経済成長していないのと、為替の円安が進んだので、日本から見た高級品の負担感が倍増しているわけです。

 試しに、米ドルから見た各国の名目GDP(国内総生産)を、日本が超円高で海外から大きく見えていた1995年(最高値は4月19日の79.75円)を起点に比較してみました。

 こんな感じです。

 日本経済はドル建てで見て15年前と同じ水準、その間米国や英国の経済規模は名目値で倍になっています。これを見ると、輸入品の値段が、かつての倍くらいになっていても、まあ納得できます。

 他方、海外の市場も歪んでいるかもしれません。

 特に高級品の大消費地であるアメリカでは、2008年のリーマンショックの前までの10年間くらいで、中間所得層の窮乏化と、富裕層への所得の集中が起こったようです。高級品は、数が出なくても、1個当たりの価格を引き上げてマークアップ率を高めれば、十分な利潤が残ります。報道でよく耳にする、金融機関トップの年収数十億円という方々にしてみれば、せいぜい数百万円のスピーカーの値段が倍になっても、あまり気にならないのかもしれません。

コメント5件コメント/レビュー

内需拡大をいう時、輸入や輸出をいじるのではなく、サービス業などの非貿易財の需要を喚起する=基本的に国内で回る部分の経済活動を大きくしようという立場があるはずだが、見落としていないか?(2010/02/18)

「幸福達成計画「やちよ文明構想」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

内需拡大をいう時、輸入や輸出をいじるのではなく、サービス業などの非貿易財の需要を喚起する=基本的に国内で回る部分の経済活動を大きくしようという立場があるはずだが、見落としていないか?(2010/02/18)

日本は内需で十分回る。サービス産業はどうやって輸出するのか?外需に依存する国は、非常に不安定で危険。日本だけGDPが増えなかったのは、政府の失政による経済不況のため。成長しない国は、もはや資本主義失格。成長しなくてもいいという者は、資本主義をやめる宣言に他ならない。輸出依存度が増えたのは、政府がちゃんと内需拡大策を取らなかった失政によるもの。恥である。水引の両端は付け加えで、重要ではない。内需の真ん中が重要なのである。>目先の景気変動に左右されにくいストック型の経済体質に切り替わる<意味不明。景気変動の影響されないものなどあるのか???金融で金が金を産む金儲けをやめようと言う意味であれば、当然の話で、何も珍しくない。(2010/02/18)

 備えあれば憂いなし。日本の発展途上段階が止まる事は、明らかだったはずなんでしょうがねぇ。資本主義である以上バブルはセットになるし、ストック経済型へ移行すべき時期に移行しなかった事は明らかな間違いであったのだと思います。非資源産出国である以上、紙の資産から現物資産等への移行する必要があったはずです。又、輸出製造業の過剰な生産能力への投資も抑えるべき時期がとうの昔にあった筈なんですけれど、多分バブル前の80年代頃に。しかし、間違った。結果何度かのバブルにより、折角稼いだ分を見す見す不意にしてしまった。法律関係も変化の時期であった時期に変わらなかった。だから、グローバル経済が進行して行った時、日本は失敗したのでしょう。日本も変わり時です。(2010/02/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私は町村合併はまったく解決になるとは思っていない。

和田 知士 高知県大川村村長