• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「コンクリートから人へ」が景気に与える影響

「乗数効果」を知り、実際の効果を考える

  • 桑原 進

バックナンバー

2010年1月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 景気対策の内容で、メディアや金融証券市場などで最も注目されるのが財政政策の動向です。財政政策、すなわち政府支出の拡大や、減税、補助金などの所得移転などの施策は景気を改善する効果があると考えられています。

 財政政策は全体としての規模もさることながら、その構成も重要です。自民党政権下では公共事業の増加と減税を比較すれば、公共事業の増加の方が景気に即効性があり、効果も大きいとする意見も強く、バブル崩壊後の不況の中では、しばしば公共事業の拡大が行われました。

 一方、民主党は、2009年の衆議院選挙に際して「コンクリートから人へ」とのキャッチフレーズの下、公共事業の削減と子ども手当てなどの家計への補助金の増加をマニフェストに盛り込み、選挙後に成立した現政権は、公共事業を大幅に削減し、子ども手当ての創設を決定しました。

 日本経済は依然として、リーマンショック後の景気の停滞状況から抜け出せていませんが、そこでこのように政策を変更することは、景気にどのような影響を与えるのでしょうか。

 また、中長期的には、財政再建を進めなければなりません。景気への影響を最小限に抑えつつ財政支出の削減や増税を進めるためには、どのようにすればよいのでしょうか。財政政策の効果を、乗数効果という視点で見てみましょう。

まず乗数効果の基本的な考え方を知る

 大恐慌のような深刻な不況の下では、公共事業の拡大や減税が景気を改善する効果を持つ、という考え方は、1936年にケインズが『雇用、利子および貨幣の一般理論 』の中で理論的に説明したものです。

 ケインズは、不況の発生原因は、経済全体での需要不足であり、政府がその需要を補うような政策を行えば、不況を克服できるとしたのです。そして、政府購入(公共事業や軍備など)の増大は、単に、一度だけ需要を作り出すのではなく、政府が購入した財・サービスの生産者の所得の増大を通じて、消費の増加につながり、さらなる需要の増加、そして所得の増加へと連鎖していくとしています。

 このように需要増と所得増が連鎖して、最終的に引き起こす需要増の総額は最初の需要増の何倍もあるというのが乗数効果です。乗数効果は、政府購入だけでなく、減税や政府から家計への所得移転でも発生します。この場合、最初に家計の可処分所得の増加が始まり、消費が拡大し、そしてその商品を生産する人の所得の増大、次のその人の消費の拡大という形で、乗数効果が発生すると考えられています。

乗数効果は、景気をタイミングよく改善するのか?

 財政政策には乗数効果が期待できるとしても、実際に景気対策として用いるためには、様々な課題が存在します。そのひとつが、政策のタイムラグの問題です。財政政策を実行するためには、様々な手続きや多くの人の意思決定が必要であり、そのために時間が相当かかります。このタイムラグを、インサイド=ラグと呼びます。

 さらに、財政政策が実施され始めたとしても、それが需要増につながるのにも時間がかかります。

コメント14件コメント/レビュー

必要的需要の喚起は乗数効果で説明付くであろうが、それで政策選択の判断材料にはならないと思う。たとえば、公共投資としてみれば北海道の(クマしか通らない)道路と首都圏の道路は等価であろうが、前者は投資を費消するだけで、後者は新たな経済の活性化につながるという大きな違いがある。同じカネを使うにも、ダムとディズニーリゾートではどちらが経済に有効か、新たな価値を創造するか簡単に分るであろう。(2010/01/31)

「政権交代の経済学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

必要的需要の喚起は乗数効果で説明付くであろうが、それで政策選択の判断材料にはならないと思う。たとえば、公共投資としてみれば北海道の(クマしか通らない)道路と首都圏の道路は等価であろうが、前者は投資を費消するだけで、後者は新たな経済の活性化につながるという大きな違いがある。同じカネを使うにも、ダムとディズニーリゾートではどちらが経済に有効か、新たな価値を創造するか簡単に分るであろう。(2010/01/31)

記事に対する皆さんのコメントが非常に常識的で、賢く鋭い洞察が多くて驚いた。マスコミや経済学者よりも、国民のほうがずっと賢い!景気が上がったときに、これまで国民に収益が還元されてきたのだろうか。景気が上がっても一向に下には恩恵が来なかった。金が金を産む仕組みで投資家に金が回って数字上で好景気になっただけだ。今の経済は、数字上景気が上がったとしても、生活の直接的な恩恵にはつながらない仕組みになっている。働けど、働けど、楽にはならない。国が国民のための政治をするのなら、なにかあってもなんとかやっていける、という見込みと安心感を与える政策が必要だと思う。銀行や既存の大企業を守るためにマクロ経済をてこ入れしてもだめで、人口減で労働力の低下するこれからは小さくても新しい利益率の高いビジネスが次々と生まれてこなくてはならない。そのためには、最低限生活は大丈夫だと思える環境や安心して失敗できる仕組みがなければ、ビジネスのパイオニアもビジネス上のチャレンジも生まれない。結果雇用も生まれてこない。未来のビジネスや経済の種を育てるために必要なのは、子供や人材育成、生活保障だと思う。目先の経済の景気よりも、今は国の未来を育てるとき。希望があると、人間は強い。モティベーションはデータでは図れない。(2010/01/30)

過去20年の景気対策がコンクリートに注ぎ込まれたあげく、国債の国内消化余力は限界に近づきつつある中で、短期的に景気後退の局面を迎える可能性があるから公共事業は大事だよ、と言う話ですかね。  さて、その恩恵にほとんど浴することが出来ないけれども、将来の国債償還において平等にその負担を担うことになる土建外の人々の意見やいかに?  土建ばかりが国民と思うなよ。(2010/01/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長