• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ギリシャ危機で強くなるユーロ

救済プロセスが見えてくることで中期的に信任は高まる

2010年2月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 昨年末以降、ユーロの下落傾向が続いている。この背景には、ギリシャのソブリンリスク(財政破たんリスク)拡大がある。

売りを浴びせられるギリシャ

 同国ではパパンドレウ新政権への交代後に、前政権による財政統計の計上ミスが表明され、2009年の財政赤字が従来発表の国民総生産(GDP)比3.7%から、一気に12.5%まで拡大(後に12.7%へさらに修正)した。

 これに対して欧州委員会が異例の批判を行ったことなどを契機に、財政リスクが上昇。市場からの「信任」という重要な国家の支えを失う形で、金利上昇、株価下落、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)スプレッド上昇といった、全面的な“ギリシャ売り”の事態に陥っている。

 加えて、金融市場がギリシャ一国にとどまらず、ポルトガルやスペインといった財政赤字額が大きい周辺諸国のソブリンリスクまで意識し始めたことで、ユーロ圏全体のリスクとしての意識が強まり、ユーロ下落に結びついている。

筋が悪い今回のユーロの下落

 今回のユーロ下落は筋が悪い。何故ならば、ユーロという通貨システムへの信任というシステミックな要素が内包されているからである。

 筆者が知る限り、それは統合直後の1999年から2001年まで続いた通貨下落以来のことかもしれない。この時は、協調介入の後にしばらくして反転し始めたが、当時も「ユーロという通貨自体がうまくいくのか」という、通貨システムへの信任の欠如が下落の背景にあった。
 
 それはあくまでも、実績のない新しい通貨システムに対する漠然とした疑念だった。しかし、今回の下落は、信任の低下という点で似ているものの、より具体的な破綻プロセスを想定している点が異なっている。

 財政赤字の拡大による国債の金利上昇により、参加国がユーロを維持できなくなるシナリオだ。

ユーロ内不均衡で通貨統合の限界露呈

 もっとも、今回のような深刻な景気後退の後に政府債務が拡大するのは、ある意味自然なことである。それは、日本でも米国でも、欧州と状況はあまり変わらない。

 しかし、ユーロ圏の場合、域内16カ国で通貨固定システムを採用していることが根本的に異なっている。16カ国が固定相場制を強いているのと同じことで、通貨下落など為替相場による調整が出来ず、景気後退の穴埋めがより財政に回りやすい。

コメント3件コメント/レビュー

EUやECBはギリシャを切れないでしょう★理論的にはギリシャのユーロからの離脱は有り得ますが、ユーロの基軸通貨としての信認を考えれば、それはワースト・ケースと考えられます★また世界的な危機状況という点では異なりますが、約8年前くらいのアルゼンチンの金融危機は国債の金利だけでなく元本支払いも猶予せざるを得ず、ついに米ドルペッグを放棄するに至った状況をIMFなどの支援で乗り切ったことを思えば、ギリシャにはまだまだ切ることのできる救済カードがあると思います★ドイツやフランスがギリシャ支援を表明しているように新聞で見たのですが、EUの非救済ルールについては知りませんでした★もちろん支援する側の各国の納税者が喜ぶとは思いませんが...★またギリシャの打ち出した財政再建策についても「絵に描いた餅」という見方も多いようで、EU中銀・蔵相会議でも「支持はするがEUとして結果をきちんとトラッキングする」とコメントを出していたと思います★その中でゴールドマン・サックスの負の関与の実体も是非明らかにしてもらいたいものです★確かにユーロという通貨の信認において今回の件が試金石になることは確かですが、だからといって筆者が言うように危機を乗り越えた後にユーロが強くなるというのは少しうがった見方ではないでしょうか★何故ならユーロ圏にはスペインやポルトガルなど、第2第3のギリシャになりかねない国がまだあるし、まだユーロに加入していないEUの旧共産加盟国も控えているため、返ってユーロの将来的な脆弱性を危惧することも有り得ると思うからです。(2010/02/18)

「Money Globe ― from London」のバックナンバー

一覧

「ギリシャ危機で強くなるユーロ」の著者

吉田 健一郎

吉田 健一郎(よしだ・けんいちろう)

みずほ総合研究所 欧米調査部/市場調査部

1972年東京都生まれ。96年一橋大学商学部卒業、2012年ロンドン大学修士(経済学)。富士銀行(現みずほ銀行)新宿西口支店入行。98年同国際資金為替部にて対顧客為替ディーラー。2004年よりみずほ総合研究所に出向し、08年よりロンドン事務所長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

EUやECBはギリシャを切れないでしょう★理論的にはギリシャのユーロからの離脱は有り得ますが、ユーロの基軸通貨としての信認を考えれば、それはワースト・ケースと考えられます★また世界的な危機状況という点では異なりますが、約8年前くらいのアルゼンチンの金融危機は国債の金利だけでなく元本支払いも猶予せざるを得ず、ついに米ドルペッグを放棄するに至った状況をIMFなどの支援で乗り切ったことを思えば、ギリシャにはまだまだ切ることのできる救済カードがあると思います★ドイツやフランスがギリシャ支援を表明しているように新聞で見たのですが、EUの非救済ルールについては知りませんでした★もちろん支援する側の各国の納税者が喜ぶとは思いませんが...★またギリシャの打ち出した財政再建策についても「絵に描いた餅」という見方も多いようで、EU中銀・蔵相会議でも「支持はするがEUとして結果をきちんとトラッキングする」とコメントを出していたと思います★その中でゴールドマン・サックスの負の関与の実体も是非明らかにしてもらいたいものです★確かにユーロという通貨の信認において今回の件が試金石になることは確かですが、だからといって筆者が言うように危機を乗り越えた後にユーロが強くなるというのは少しうがった見方ではないでしょうか★何故ならユーロ圏にはスペインやポルトガルなど、第2第3のギリシャになりかねない国がまだあるし、まだユーロに加入していないEUの旧共産加盟国も控えているため、返ってユーロの将来的な脆弱性を危惧することも有り得ると思うからです。(2010/02/18)

ギリシャは米金融大手GSとツルんで債務の実態隠しをしてたんでしょう?EU監督当局はなんも知らんかったらしく、そら怒るわね~。トカゲの尻尾きりで早く両方とも潰さないと世界全体が巻き込まれますね。地球上で最古の歴史を誇る国家がこんなことで消滅するのは寂しいですが(笑)。  (2010/02/18)

そもそもユーロというシステム自体が無理があるのではないか。ユーロ加盟国の経済状況はこちらでは不況、こちらではバブルというようにかなり違いがあった。それでも好況であればうまく回ったわけだが、今回のような不況下ではどうにもならなくなる。通貨発行という重要な国家の権能を譲り渡すなどということがどのような結果を招くか、教訓ではなかろうか。また財政規律が守られれば経済が良くなるなどと筆者が考えていることもさっぱりわからない。経済が冷え込み税収も益々減るしかないのにどうやったらよくなるというのか。世界経済の回復を待つのだろうか。ギリシャが自力回復することは不可能でドイツ、EU、IMFあたりが救済するしかないのも国家に通貨発行の権能がないからではないか。こうした危機のたび欧州ユーロ圏が平均に合わさるように「標準化」していくのかもしれないが、それでユーロは強くなるのだろうか。(2010/02/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授