• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

国家に憑いた貧乏神が唱える7つの呪文

お金を付加価値の低い方へ流すな

  • タナカ(仮称)

バックナンバー

2010年3月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 恥をさらすようですが、メタボ対策のために、またジム通いを始めようと思案しているタナカ(仮称)です。

 数年前にダイエットしたときも、食事の節制とジム通いで8キログラム痩せました。しかし年数が経つと、またぜい肉が段々と溜まってきて、最近は体が重くてたまりません。特に、年末に暴飲暴食したのが悪く、その前に多少食事療法をした分が全部リバウンドしてしまいました。効果が出る前に努力を止めてしまうと、ろくなことがありません。

 でも、カンフル剤と覚せい剤で目先をしのぐより、運動と食事療法の方がずっと健康的だと思いませんか? 10年後といわず、数カ月後でも両者の違いは明らかだと思います。カンフル剤と覚せい剤を使うとガリガリに痩せることはできそうですが、依存症と禁断症状の挙句に、死んでしまう恐れが濃厚ですから。

 そう思うんです。私はね。

深く根づいた“貧乏神の祟り”

 でも、前連載当連載、あるいはほかの方の連載のコメント欄なども見ていると、カンフル剤と覚せい剤の組み合わせでないとダメだと思っている人も多いようです。これはきっと、“貧乏神の祟り”でしょう。

 そこで今回は、予定していた「アンチ自由主義のお祓い」を変更することにしました。先に貧乏神をお祓いすべきだと感じたのです。

 ここ20年くらいの日本社会のケガレの原因はいくつか考えられますが、その大将格の座にあるのが貧乏神だと思うからです。

 貧乏神はコトバ巧みに寄ってきて、この国を占領してしまいました。多数の式神(※1)を使役して、貧乏の種を蒔いていきました。式神の名前は、俗に族議員と呼ばれます。

※1 式神とは、端的に言えば魔術師が使う手下の妖怪のこと

 政権交代したので、族議員は力を失ったようですが、今の与党にも貧乏神の手下がいそうです。別の形で潜伏しているのかもしれません。

 貧乏神は味噌が好きだという伝承があります。ヒトの脳みそに住み着いているのかもしれませんね。

 貧乏神は、よくこんな呪文を唱えています。そうして、ヒトの脳みそを食べて自分だけ太ろうとしているのです。

貧乏神の呪文1

 景気が悪くなったら、赤字財政政策を取れば、乗数効果が働いて景気が持ち直すよ。それが一番効果が大きくて即効性のある対策さ。そしたら、拡大した経済活動の一部が税収の増加になって返ってくるから、赤字財政は気にしなくていいのさ。

 貧乏神の呪文は強力ですが、狙いは国家を貧乏にすることですから、結果を見れば理論のボロが出てきます。

 景気が悪くなると「赤字財政」と言い、景気が持ち直してくると「ここで手を抜いたらせっかくの景気対策が元の木阿弥」と言い、景気の絶頂期では「税収には余裕が出てきたから、多少の出費は問題ない。緊縮財政なんかやってまた不況に逆戻りさせたいのか」と言います。

 結局、いつどんな時でも借金は減らせません。どんどん貧乏になります。足下の借金900兆円というのがその結果で、やがて来るはずの財政黒字はいつまでも来ず、戦後最長景気の時でさえ借金ばかりが積み上がりました。

必要な対策は景気に関係ないはず

 もともと、赤字財政は、国民の貯蓄を国債の形で吸い上げ、民間がほかに使えたお金を政府が蕩尽してしまうということです。政府部門と民間部門のどちらが長期的に見て景気拡大効果を持つのか、「機会費用」や「クラウディング・アウト」という呪文を唱えて対抗しましょう。

 公共投資を中心とした景気対策は、不要不急のものでも需要創造の美名の下に強行されます。一見すると必要そうなものが多いですが、実際は大したものではなかったことが、事業仕分けで明らかになりました。

コメント27

「幸福達成計画「やちよ文明構想」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック