• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

プロミス社長の反省と警鐘

崩壊したビジネスモデル、だが誰が“使命”を果たすのか

2010年3月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「改正貸金業法」――。借金に苦しむ多重債務者を救済する目的で、消費者金融や事業者金融、信販・カード会社に対する規制を強化する法律である。法律自体は2006年12月に成立しているが、段階的にルールを厳しくし、今年6月18日までに完全施行される。

 完全施行以降、貸金業者は借り手にお金を貸し出す際の金利を、それまでの上限29.2%から20%に引き下げなければならない。貸し出し総額にも規制がかかり、年収の3分の1以上は貸してはならない。

◆改正貸金業法のポイント
[1] 過剰貸し付けを抑制…総借入残高が年収の3分の1を超える貸し付けを禁止(総量規制の導入)
[2] 金利の適正化…上限金利を20%に引き下げ
[3] 貸金業への参入条件の厳格化…貸金業者として営業するためには純資産5000万円以上が必要に
[4] 資格制度の導入…貸金業務取扱主任者の資格試験を導入。合格者を営業所ごとに配置することを義務化

 既に多くの貸金業者は完全施行を見据えて、貸し出し基準を厳しくしているが、改正後の上限金利では採算が合わず、廃業に追い込まれた貸金業者も少なくない。

 日本貸金業協会によると、2005年3月末時点で約1万8000社あった貸金業者は、2010年1月末には4374社に急減した(貸金業者の減少のもう1つの要因である過払い金の返還請求については後述する)。

改正貸金業法によってビジネスモデルが“崩壊”

 法改正による劇的な事業環境の変化によって、資金の出し手である貸金業者が大幅に減少、その結果、多重債務者も減少傾向にある。だが、その一方で副作用も指摘されている。つなぎ資金などを貸金業者に頼っていた中小・零細企の資金繰りを直撃しているのだ。その実態は、日経ビジネス3月29日号でレポートした。

 政府も、こうした事態に対応するため、専門のプロジェクトチームを組織、対応策を詰めている。3月24日には、当初の予定通り法改正を6月に実施するとした上で、借り手に対する激変緩和策案を公表した。

 改正貸金業法によってビジネスモデルが崩壊したと言われる消費者金融業界。その実状について、消費者金融大手プロミスの久保健社長が語る。

(以下、構成は蛯谷敏=日経ビジネス記者)

*   *   *   *   *

 貸金業者の2009年3月末の貸出残高は37兆8467億円。その中には、銀行や信用組合が貸したがらない零細企業や個人事業主に対する運転資金も含まれている。だが、先にも触れたように、改正貸金業法によって、貸出金利が引き下げられることが決まったため、貸金業者は一斉に融資基準を厳しくした。

 久保健・プロミス社長 2006年12月に改正貸金業法が成立してから、段階的に審査基準を厳しくしています。ピーク時には60%以上あった成約率が、今では30%程度にまで落ち込んでいます。

 それだけ、融資基準を厳しくしているわけですが、これは他社も同様だと思います。以前は貸せたお客さんでも、今は残念ながらリスクに見合わないために、貸せないケースが増えているということです。

コメント16件コメント/レビュー

まずはテレビコマーシャルを流すのをやめてもらえませんか?正直うっとおしいのと、どうやっても“偽善的”な感じが抜けませんので。できればそれも法令化してその分のコストを利用者への還元にだけでなく経営にも役立てていただいたほうがまだましです。▼一方このような消費者金融の役割は肯定しますが、ただ銀行→消費者金融→闇金融という3種類の選択肢しか消費者に用意されていないようでなんとなく腑に落ちません(カードローンもありますが)。▼またプロミスがその中でどこを目指しているのかが語られていないのでわかりませし、「本当に借りたい人にも貸せなくなっている」という言葉だけでは説得力に欠けます。ぜひそういう消費者側からの視点で消費者金融に限らず個人向け融資の業界を整理していただけませんか?最初に述べたコマーシャルの件とも関連するのですが皆同じようなイメージばかりを垂れ流すものだから、私からするとどの会社も羊の皮をかぶったオオカミにしか見えません。▼記事の内容はバランスがとれていてよかったです。久保社長もマスコミのインタビューに答えるには勇気が要ったのではないかと思いますし。(2010/04/02)

「消える消費者金融」のバックナンバー

一覧

「プロミス社長の反省と警鐘」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

まずはテレビコマーシャルを流すのをやめてもらえませんか?正直うっとおしいのと、どうやっても“偽善的”な感じが抜けませんので。できればそれも法令化してその分のコストを利用者への還元にだけでなく経営にも役立てていただいたほうがまだましです。▼一方このような消費者金融の役割は肯定しますが、ただ銀行→消費者金融→闇金融という3種類の選択肢しか消費者に用意されていないようでなんとなく腑に落ちません(カードローンもありますが)。▼またプロミスがその中でどこを目指しているのかが語られていないのでわかりませし、「本当に借りたい人にも貸せなくなっている」という言葉だけでは説得力に欠けます。ぜひそういう消費者側からの視点で消費者金融に限らず個人向け融資の業界を整理していただけませんか?最初に述べたコマーシャルの件とも関連するのですが皆同じようなイメージばかりを垂れ流すものだから、私からするとどの会社も羊の皮をかぶったオオカミにしか見えません。▼記事の内容はバランスがとれていてよかったです。久保社長もマスコミのインタビューに答えるには勇気が要ったのではないかと思いますし。(2010/04/02)

消費者金融は利息制限法の範囲内でやればいいだけのことじゃないですか。年利18%ではリスクが高くて審査が通らないというのは、元々返済能力に関して疑問がある人でしょう。結局問題になったのはそういう人達が多重債務に陥っている現状があったからで、そもそもそういう人を顧客としてターゲットにすること自体を疑問視された訳です。であればそういう人達には貸し出さないか、せいぜい限度額を下げて対応する程度にしておくビジネスモデルを確立するべきでしょう。貸金業は基本完済されることを前提に貸し出すべきで、多重債務になるような人からもダラダラと利息を取り続けているのが実際なのに、なにが「お客様」ですか。(2010/04/01)

銀行が貸せばいいっていうコメントが多いですが、貸し手が消費者金融から銀行に変わったところで金利が下がったり審査が緩くなったりするわけじゃないと思うのですが。銀行に何を求めてるんでしょうか?■金利が高いかどうかは元金と借り入れ期間、借り手の収入に因ると思います。年収400万の人が10万借りるくらいなら40%でも大した利子じゃない。逆に、1000万借りてたら5%だってバカにならない。金利が適正かどうかは、ケースバイケースです。■扱ってる商品が「お金」という生活における最終的なところなので、マイナスな話は出易いでしょう(自殺だの一家離散だの)。その闇の部分だけを見て「金貸しなんて消えちまえ!」って云うのは乱暴過ぎませんかね。まぁ、需要がある以上どういう形であれ「金貸し」とそのビジネスモデルは消えないでしょうけど。(2010/04/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長