• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

東大生だって就職難、のなぜ

これだけ企業があるのに、学生の人気は偏り過ぎ

  • 佐藤 紀泰

バックナンバー

2010年4月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 春を迎えて、2011年3月卒業組の就職活動が山場を迎えている。企業の採用活動は昨年にも増して、慎重な姿勢を打ち出している。今年3月卒業組でも就職できない大学生が実質的に16万~17万人いたとされる。今年の就職活動はさらに厳しくなりそうだ。内定が取れず、行き場のない大学生も大慌てだが、企業側も「優秀な人材がいない」と嘆き節が目立つ。

 春の嵐のような「就職パニック」。学生と企業がどう動くべきなのか。まずは就職活動(シュウカツ)に詳しい“カリスマ”たちに聞いてみた。

 第1回目は採用コンサルティング会社であるジョブウェブの佐藤孝治社長。佐藤氏はコンサルティング会社を経て、ジョブウェブ社を設立した。3万人の登録学生を持ち、有力ベンチャー企業への採用活動の支援もしている。『<就活>廃止論』(PHP新書)の著者として学生たちに支持を集める佐藤氏に就職活動を勝ち抜くコツを聞いた。

 ―― 過去最悪の就職氷河期とされています。就職活動中の大学生も今年は大苦戦しているような状態ですが。

学生3万人が登録するジョブウェブの佐藤孝治社長

 佐藤 就職氷河期の前というか、ほんの2年ぐらい前まで、企業の採用活動は「君は背が高いから、バスケ部に入れ」というような感じで、内定を出していました。

 ところが、今は「君は背が高いが、それだけではダメだ。ドリブルをやって見せてみろ。シュートを打ってみろ」と言われているわけです。

 学生の能力がより厳しく求められているのです。だから、簡単には内定が取れない。今までの大学生活で、何かを積み上げていなければ、内定がなかなか取れない。それぐらい厳しい戦いになっているのです。

大学1年生の「ステップゼロ」から始めよ

 ―― 就職活動が始まってからでは遅いということでしょうか。

 私は就職活動で「ステップゼロ」という言葉を使っています。それは大学1~2年生から就職活動に取り組まないと、内定がなかなか取れないのです。大学3年生の夏からやるようでは遅い。それぐらい企業の採用姿勢は厳しい。

 現在、就職活動中の4年生は1年前の先輩が就職活動で苦戦したから、早めに動いています。それでも内定が取れる学生と、そうではない学生がくっきりと2分化されているのは準備の差でしょう。

 ―― 佐藤さんのところも就職活動中の学生がたくさん相談に来ていますね。

はやり言葉「祈りメール」の皮肉

 大学生の間では今年の就職活動で「祈りメール」という言葉が流行しています。

 企業側から、不合格を通知するメール「今後のご活躍をお祈り申し上げます」のことです。これがたくさん来るそうです。同じような文面で。うちに相談に来る学生でも、「また、祈られてしまった」と落ち込んでいます。

 ―― 内定の取れない学生はどのような特徴があるのでしょうか。

 まずは面接で語れるようなことがなければ、ダメです。「就職活動を一生懸命やっています」ではアピールにはなりません。東京大学の学生でも苦戦している人が多いぐらいですから。

 東大生の就職活動も支援していますが、そこで分かるのは大学受験と就職活動では乗り越えるべき壁が違うことです。

コメント25

「就職パニック2010」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授