• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

なぜ消費税でなければならないのか

増税をめぐる認識ギャップについて考える

2010年6月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

政権交代の経済学
価格:2310円

 本コラムの著者である小峰隆夫法政大学大学院教授が執筆、編集した本が出版されました。小峰教授を中心としたエコノミスト集団が、経済学のベーシックな理論を使って政権交代は何をもたらすのかを分析したものです。

 菅直人新首相のもとで再出発した民主党。独自の経済政策は、経済学の視点から見るとどう評価できるのでしょうか?

 財政再建、成長戦略、社会保障制度など新首相には多くの課題の解決が求められています。税金のあり方についての議論も日本の将来を考えると避けては通れません。民主党の経済政策からますます目が離せなくなるこの夏、政治経済の“目利き”になるためにもぜひ本書をお読みください。

 消費税ほど一般の人々の考えと専門経済学者、エコノミストたちの考えにギャップがある問題はないように思われます。日本経済を観察している経済学者、エコノミストの多くは、消費税の増税が必要だと考えているのですが、一般の人々は必ずしもそうではないようです。

 こうした認識ギャップは、選挙によって増幅される傾向があります。これまで、消費税(またはかつての「売り上げ税」)を前面に押し出して選挙戦に臨んだ政党はことごとく選挙に敗れています。したがって、選挙を意識すると、いずれの政党も「消費税より歳出の無駄の排除が先」「消費税は必要かもしれないが、まだ先の話」という態度を取ることになります。かくして消費税の引き上げはますます遠のいていくのです。

 もちろん、経済学者、エコノミストの中にも消費税増税は必要ないと考えている人はいるでしょうし、最近では一般の人々もかなり消費税引き上げ容認派が増えてきているようです。「今度こそ流れが変わったか」と思っている人も多いかと思いますが、私は「そうでもないのでは」と思っています。民主党も自民党も内心では「消費税増税やむなし」と考えているようなのですが、まだ腰が引けていますし、最近人気急上昇中のみんなの党は、政府の資産を処分すればまだ相当の財源(いわゆる「埋蔵金」)があるから、増税は必要ないという立場だからです。

 消費税をめぐる議論では、立場によってなぜこれほどの認識ギャップが大きいのでしょうか。私は、この認識ギャップは2段階で生じていると考えています。

財政再建に対する危機感と税の「逆進性」

 第1段階は、そもそも財政再建や増税が必要なのかという点についての認識ギャップです。「財政赤字を減らすべきだ」という点については、一般の人々も専門家もそれほど大きな認識ギャップはないようですが、一般の人々の危機感はまだ足りないように思われます。そもそも国民全体が財政再建の必要性を強く意識しているのであれば、財政再建を主張する政党が人気を博すことになるはずなのですが、現実にはむしろ歳出拡大型の政党が支持を集めてきたように思われます。

 また、たとえ財政再建の必要性を認めたとしても、「増税よりまずは歳出の無駄をなくすべきだ」として増税そのものに反対する声が多く聞かれます。これに対して、専門家エコノミストたちは、歳出削減には限界があり、増税は不可避と考える人が多いようです。

 第2段階は、歳入の増加を図る手段として、消費税が適当なのかという点についての認識ギャップです。一般の人々は、消費税は生活必需品にもかかるから、低所得者の負担が相対的に大きくなり(いわゆる「逆進的」)、適切な手段だとは言えない」と考えているようです。これに対して、専門家エコノミストたちは、ある程度そうした問題はあるものの、消費税が最も現実的な選択肢だと考えています。

コメント118件コメント/レビュー

残念ながらこの記事は突っ込みどころが多すぎて消費税増税の根拠としては弱すぎます。消費税が最適な税ということで専門家の議論は出尽くしているとの話は他の新聞・雑誌等で何回か見聞きしているのですが、この記事の程度の議論だとすると、あまりにも杜撰です。どうか、もっと説得力のある消費税導入論を記事にしていただけませんか?(2010/06/14)

「新局面を迎えた日本経済」のバックナンバー

一覧

「なぜ消費税でなければならないのか」の著者

小峰 隆夫

小峰 隆夫(こみね・たかお)

法政大学大学院政策創造研究科教授

日本経済研究センター理事・研究顧問。1947年生まれ。69年東京大学経済学部卒業、同年経済企画庁入庁。2003年から同大学に移り、08年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

残念ながらこの記事は突っ込みどころが多すぎて消費税増税の根拠としては弱すぎます。消費税が最適な税ということで専門家の議論は出尽くしているとの話は他の新聞・雑誌等で何回か見聞きしているのですが、この記事の程度の議論だとすると、あまりにも杜撰です。どうか、もっと説得力のある消費税導入論を記事にしていただけませんか?(2010/06/14)

消費税増税には反対です。既出のコメント同様、消費意欲が下がるからです。そして、今後も税率を上げる前例になるからです。日本の歴史をふりかえると、所得の低い人までが、こまごまと消費をしてくれたから、国内の小さな産業までが上がってこれたです。国の税収を上げる必要性は承知していますが、もっと方法を考えて欲しいです。消費が、まわりまわって、人々のためになる、地域のためになる、国のためになる、という、単純な、公共的な意識を、国はもっと広めていってほしいです。(2010/06/14)

闇雲に消費税やらを上げる議論をする前に、まずこれまで税金が何に使われてきたかをもっと総括して記事にしてもらいたい。天下りなんか仕分けでわかってきたけど、まだまだ全然足りないですよね。民主党が政権とる前にやろうとしていた、財源の精査は、マスコミや官僚その他に邪魔されて思うように出来なかったんじゃないですか?まずは官房機密費がどう使われてきたかという纏めの記事を読みたいです!。。。このコメントは掲載されるだろうか。。。。。(2010/06/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長