• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「財政再建」なんて自殺行為だ

何十兆円も償還されて困るのは“借金”漬けの銀行

  • 三橋 貴明

バックナンバー

2010年8月3日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本は今こそ国債を「増発」すべきだ――。こう言ったら暴論に聞こえるだろうか。

 しかし、よく考えてみてほしい。今、日本経済の最大の問題は「満足に成長できていない」ことであり、資金を潤沢に使いたくなるような産業が生まれ、そして育っていないことなのである。ここで「借金を返そう」などと号令をかけ、萎縮の道をたどるのは自殺行為に等しい。

 日本が取るべき解は正反対のところにある。世界でも最低水準の長期金利を最大限活用して国債を増発し、成長分野に注ぎ込む。そして、日本が持つ潜在力に火を付ける。

 暴論と思われても結構。ぜひ、この連載を読んでみてほしい。「日本の財政が危ない」というイメージにとらわれず、正しい「数値データ」に基づく議論をしようではないか。

 なぜ、日本国債の金利はこれほどまでに低いのか?

 2010年7月21日時点で、日本の新規発行10年物国債金利の利回りは、わずかに1.1%。もちろん、長期金利としては世界最低である。すなわち、日本政府は現時点において「世界最低の資金コスト」でお金を調達できる組織なのである。

日本政府の資金調達コストは世界最低

「財政破綻! 財政破綻!」

 と騒がれている割に、日本政府の資金調達コストは世界最低。なぜだろうか。

 ちまたをにぎわす「日本財政破綻論者」の皆様が、この問いに明確に答えたことはない。聞こえてくるのは、

「日本国債は、単に『国債バブル』になっているだけだ!」
「日本政府と銀行の間で、密約があるのだ! あるはずだ!」

 など、率直に言ってトンデモ論としか表現しようがない「言い訳」ばかりなのである。あるいは、

「日本政府の財政再建への姿勢が、国債金利を低く抑えているのだ」

 などと主張する人もいる。だが、新規国債発行残高が史上最高を更新している中、財政再建も何もあったものではない。

「民間の資金需要がない」ことが真の問題

 この手の「言い訳」をする人々に共通する姿勢は、言っていることが非常に「定性的」であるという点だ。あるいは「イメージ」で語っていると言い換えても構わない。

 日本国債の金利の低さは、イメージ的あるいは定性的に考えず、定量的に問題をとらえようとすれば、簡単に説明がつく。単純に、日本国内に過剰貯蓄があふれ、資金需要に対して資金供給が大き過ぎるためである。銀行などの国内金融機関にあふれたマネーの運用先が見当たらず、「国債が買われるしかない」状況に至っているからこそ、日本国債の金利は世界最低なのだ。

 意外に理解していない人が多いが、銀行にとって預金残高とは「負債」であり、「資産」ではない。厳密に書くと、我々がお金を預けると、銀行のバランスシート(貸借対照表)上で、同額分の資産(現金)と負債(預金)が増える。

 誰でも理解できると思うが、現金をそのまま保有していたとしても、金利は生まない。それに対し、我々の預金に対しては、銀行は金利を支払う必要があり、実際に支払っている。金利を支払わなければならない「預金」という形で調達したマネーを、現金資産として保有しているだけでは、銀行は逆ザヤで倒産してしまう。預金が「借金」である以上、銀行は何らかの手段でそのお金を運用しなければならないのである。

 日本経済の真の問題とは、財務省の言う「国の借金!」とやらではない。1990年のバブル崩壊、及び97年の橋本政権による緊縮財政開始以降、国内のデフレが悪化し、民間の資金需要が全く増えなくなってしまったことこそ問題なのである。すなわち「民間の資金需要がない」ことこそが、日本経済の真の問題なのだ。

コメント190件コメント/レビュー

民間の資金需要がない→国債増発せよとはこれいかに。資金需要がないなら国債発行しても需要がないので意味がないのでは。世界最低レベルで金利が低い→デフレであるとはこれいかに。デフレが起こってるんなら物価が減少しているので、名目は低くても実質金利が上がってるのでは。あと銀行が国債買ってるのはBIS規制上国債がリスクフリーで計算されるからですよ。計算上の資本充実に国債が最適なんです。実際はいまやリスクアセットですけどね。この記事が人気ということは、やはり皆精神安定剤がほしいということかな。資産防衛はインフレになってからでは遅いですよ。(2011/08/10)

「三橋貴明 暴論?あえて問う! 国債増発こそ日本を救う」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

民間の資金需要がない→国債増発せよとはこれいかに。資金需要がないなら国債発行しても需要がないので意味がないのでは。世界最低レベルで金利が低い→デフレであるとはこれいかに。デフレが起こってるんなら物価が減少しているので、名目は低くても実質金利が上がってるのでは。あと銀行が国債買ってるのはBIS規制上国債がリスクフリーで計算されるからですよ。計算上の資本充実に国債が最適なんです。実際はいまやリスクアセットですけどね。この記事が人気ということは、やはり皆精神安定剤がほしいということかな。資産防衛はインフレになってからでは遅いですよ。(2011/08/10)

何が暴論ですか? 単なる正論です。もっとも、正論がほとんど報道されないメディアには恐怖を感じますが。●バラマキ政策の財源を赤字国債に頼る民主党の政策はダメですが、公共投資のための建設国債は、将来の子どもに借金は残りません。これから産まれてくる子のほとんどは20年間前後ゼロ納税同然で、国債の償還はその親か祖父母世代が国債でのインフラ利益供与で得た収入から納税して償還します。そして、償還が終わった頃には完成したインフラ利益を、成人した子は享受するだけなのです。(2011/08/05)

久々にNB覗いて良い記事を読ませてもらいました。漠然と知っている事を明確に理解する事ができました。あえて“暴論”にした意図は汲み取りますが、国債増発は問題外です。186件のコメント全てを読んだわけではありませんが、"グローバル"でコメントを検索し2件(8/3,8/11)ヒット。その方の意見に賛同します。国債以外の国内成長産業の企業投資と外国証券などの割合を増やすノウハウが銀行・郵便局にない事が一番の問題だと思います。また、国民が財政再建を訴えているのは、不必要な公共事情への垂れ流しと無駄な人材への給与と経費の無駄遣いを指しているのであり、未来産業、未来都市への必要な公共事業は大いに歓迎しています。(2010/09/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長