• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「国の借金」意味分かって使ってる?

家計簿的発想で「国家のバランスシート」を見るなかれ

  • 三橋 貴明

バックナンバー

2010年8月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本の財務省やマスコミ、評論家、それに政治家などは、好んで「国の借金」という用語を使用する。その割に、彼らはバランスシート(貸借対照表)について全く理解していないわけだから、実際、困ったものである。

 借金とは「人から借り入れた財産」を意味し、バランスシートの負債項目に計上されるべきものだ。「国の借金! 国の借金!」などと騒ぎ立てるのであれば、常識としてバランスシートについて理解していなければならないはずだが、現実はどうも違うようだ。

誰かの負債は、誰かの資産

 今回は、まずは2つの「原則」をご紹介したい。

 1つ目は「この世の誰も覆せない絶対原則」。資産と負債の関係についてである。

◆原則1:誰かの負債は、誰かの資産。誰かの資産は、誰かの負債

 誰かがお金を借りているのであれば、誰かが貸している。誰かが貸してくれない限り、誰もお金を借りることはできない。当たり前である。

 ところが、マスコミなどで「国の借金」について語っている方々の多くが、どうもこの「絶対原則」を理解していないように見受けられるのだ。

 続けて、2つ目の原則である。資本主義国である限り、この原則を覆すのも、これまた相当に難しい。(と言うよりも、現実的には不可能である)

◆原則2:「国=政府」ではない

 かつてのソ連や中国などの共産党独裁国家は知らないが、少なくとも資本主義国においては「国=政府」ではない。すなわち「政府の借金=国の借金」ではないのである。

 日本銀行は統計をとる際に、「国」の経済主体を主に5つに分類している。すなわち「政府」「金融機関」「非金融法人企業」「家計」「NPO(民間非営利団体)」の5つである。本稿でも日銀に倣い、「国の経済主体」を上記5種類に分けて考えたい。

「国家のバランスシート」を眺めるだけで…

 これら日本の5つの経済主体について、資産と負債、それに純資産を統合した「国家のバランスシート」が下のグラフになる。

 バランスシートである以上、当然ながら借方(左側)に資産が、貸方(右側)には負債や純資産が計上されている。ちなみに、日本の場合は「総資産額 > 総負債額」となっている。そのため、貸方の一番下に純資産が計上されるわけだが、この関係が逆になっている国(アメリカなど)の場合、借方に「純負債」額が計上されることになる。

 日本の「国家のバランスシート」を眺めるだけで、これまで報道されることがなかった様々な事実、あるいはこれまで気がつかなかったポイントを、いくつも読み取ることができるのではないだろうか。

コメント218件コメント/レビュー

>国や地方自治体の現在の「借金」を完済すると私達の暮らし向きは良くなるのでしょうか?

いまこの時点で国の借金が雲散霧消したとして、
(1)国の歳出予算97兆円のうち、借金の利払いと返済に使われているのは23兆円あるので、借金が無ければこの23兆円が他の予算に使うことができる。
(2)他方で、歳出予算97兆円を賄っている財源は、税収等63兆円と新たな借金34兆円でありますが、ここから新たな借金を始めると元の木阿弥になってしまうので、無借金を続けるためには税収等63兆円で歳出予算を作ることになる。
(3)税収等63兆円-歳出予算74兆円(歳出97兆円から借金返済等の23兆円を引いたもの)=△11兆円が不足するので、歳出予算74兆円を圧縮せざるを得ない。
(4)歳出予算74兆円のうち、一番大きいのが社会保障32兆円、次が地方交付税交付金15兆円。社会保障を削減すると、年金カットや医療費負担のアップ。地方交付税をカットするとともに地方も新たな借金をしないとなれば、地方はどんどん衰退していく。
結果として、私たちの暮らし向きは厳しいものとなるのではないでしょうか。。。(2017/08/23 13:52)

「三橋貴明 暴論?あえて問う! 国債増発こそ日本を救う」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>国や地方自治体の現在の「借金」を完済すると私達の暮らし向きは良くなるのでしょうか?

いまこの時点で国の借金が雲散霧消したとして、
(1)国の歳出予算97兆円のうち、借金の利払いと返済に使われているのは23兆円あるので、借金が無ければこの23兆円が他の予算に使うことができる。
(2)他方で、歳出予算97兆円を賄っている財源は、税収等63兆円と新たな借金34兆円でありますが、ここから新たな借金を始めると元の木阿弥になってしまうので、無借金を続けるためには税収等63兆円で歳出予算を作ることになる。
(3)税収等63兆円-歳出予算74兆円(歳出97兆円から借金返済等の23兆円を引いたもの)=△11兆円が不足するので、歳出予算74兆円を圧縮せざるを得ない。
(4)歳出予算74兆円のうち、一番大きいのが社会保障32兆円、次が地方交付税交付金15兆円。社会保障を削減すると、年金カットや医療費負担のアップ。地方交付税をカットするとともに地方も新たな借金をしないとなれば、地方はどんどん衰退していく。
結果として、私たちの暮らし向きは厳しいものとなるのではないでしょうか。。。(2017/08/23 13:52)

素朴な疑問があります。
国や地方自治体の現在の「借金」を完済すると私達の暮らし向きは良くなるのでしょうか?詳しい方よろしくお願いいたします。(2017/08/21 15:33)

バランスシートという形に押し込めて数字が右と左で同じになるのは当たり前で、倒産寸前の会社でも同じになる。同じにならなかったとき、倒産ということになる。いつ同じにならなくなるか、それは貸し手が融資をしてくれなくなったときである。そういった点からみてみると、5000兆円の総資産に対して260兆円の純資産では過小資本といえ、安心できる材料とは言えない。国と企業は異なるという反論があるかもしれないが、それでは政府と民間をごっちゃにしたこのようなバランスシートを書くこと自体ナンセンスである。そもそも企業は集めた資金で商売をし、純資産を積み上げていくのに対し、国のバランスシートはそのような目的で動いている訳ではない。融資をしてくれなくなったとき(国債の金利が急上昇したとき)に備えるのは当然だ。(2017/08/18 17:26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長