• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日銀が国債を買えば問題は解決する?

【第10回】財政の仕組みと財政赤字の考え方の基本を学ぶ(2)

  • 桑原 進

バックナンバー

2010年8月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 前回は、財政の基本的な仕組みと、財政の持続可能性について債務動学の考え方を示してお話しました。

 財政赤字について考える場合、国の場合は国がずっと続くという前提で財政が持続するかを判断します。借金を全部を支払い切れるかどうかではなく、所得に対して安定するかどうかで見ることになる。これが債務動学の考え方でした。

 今回は、日本の公債残高がどれくらいかのデータを見るところから始めましょう。

 日本の公債残高は、2011年の段階で名目GDP比で200%にいきそうです。今、政府は2014年で180%にしていきますと言っています。このグラフは少し古いデータです。また、対象とする財政赤字の範囲が微妙に違います。OECDが推計したもので日本は少し過剰推計になっている感じになります。ただ、それにしても諸外国と比べて圧倒的に高い水準にきてしまっています。

 よく日本の政府には資産があるから大丈夫という意見が聞かれますので、ネットで見たのが図表4です。日本の資産を資産分キャンセルアウトしてみたものです。

 それでもイタリアを抜いて、諸先進国の中では最悪の状態に陥っているのが分かります。もう財政再建は急務の状態になっているのです。

最悪、政府が貨幣を発行して支払ってしまえばいいが…

 では、破綻すると何が起こるのでしょう。政府が債務の不履行を起こす。その後は政府がお金を貸してくださいといっても誰も貸してくれなくなります。当然ですね。すると、政府の経済活動が全面的にストップします。金利は払えません、それから地方交付税は当然払えません。教育の費用負担もできません、年金も払えません――。こういうことになります。

 とはいえ、日本の累積債務の問題は、諸外国のケースや日本の過去のケースと比べると性質が異なっています。今のところ日本国債の保有者がほとんど日本人であり、政府に対外資産が相当存在するからです。従って、名目上、政府自身が債務不履行に陥るリスクは非常に小さいと考えられます。最悪の場合は、政府自身が貨幣を発行して支払ってしまえばいいのです。

 では、日本の財政は破綻しないのでしょうか? 日本においても、名目的にはともかく、実質的な財政破綻は十分発生しえます。名目上政府はお金を返せますが(日銀券の増発もしくは政府貨幣の発行を通じて)、その場合、激しいインフレが発生してしまい、返したお金の価値は大きく減少することになるからです。従って、いずれにせよ人々は国債、もしくは日銀券、政府貨幣を保有しようとは思わなくなり、結局、市中から資金調達できなくなるという問題は十分発生し得るのです。

コメント35件コメント/レビュー

財政赤字を税金でということなんですか?おっしゃりたいことは。財務省の論理ですねそんなことをするとますます赤字が増えるでしょう。不景気だから、税収が増えず、国債の借金を緊縮財政と増税でと言うことはナンセンスだ。景気悪くしてますます国債発行が増えるんではないですか(2010/09/03)

「日本経済のゆくえ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

財政赤字を税金でということなんですか?おっしゃりたいことは。財務省の論理ですねそんなことをするとますます赤字が増えるでしょう。不景気だから、税収が増えず、国債の借金を緊縮財政と増税でと言うことはナンセンスだ。景気悪くしてますます国債発行が増えるんではないですか(2010/09/03)

う~ん、丁寧に書かれていますが、何故か日本の公債残高からハイパーインフレのところで論理の飛躍が有りますね(ハイパー論者に良く有りますが)。実際は、国債金利上昇、日銀の買いオペ、物価上昇、企業の売上げ増加(+円安)、賃金増加、物価上昇となるプロセスが何故か抜け落ちてます。もう1つ不足している点として、欧米の不良債権に起因するドル、ユーロへの信用不安です。いま欧米の金融機関は、巨額の不良債権のためにバランスシート上の毀損がひどく、バブル崩壊後の日本がそうであったように金融機関が動脈硬化を起こしています。各国政府は、金融緩和で何とか改善しようとしていますが、毀損したバランスシートを持つ銀行はなかなか融資を拡大しようとはしていません。結果各国の景気の先行きに不安が生じ、リスク回避もあって円高傾向が続いています。この動きは、不良債権が完全に終わるまでは続くでしょう。当然円高は、デフレ圧力となり物価を押し下げます。アメリカのオバマ政権は、昨年国債の発行を大幅に増やしましたが、今春以降の各種経済指標の悪化から景気の腰折れを懸念して、日本の財政再建論議とは対照的に景気刺激のため更に増額して国債を追加発行しようとしています。(2010/09/03)

日本は需要増だからハイパーインフレは起こらない、とのコメントが多いが、「インフレは流通している通貨量および、通貨に対する信頼性の問題」というのが、今回の記事の趣旨であり、経済学的な通説でしょう。国債の償還のために国債を発行するようになり、その国債を日銀が通貨発行で買い取るようになれば、毎年数10%の比率で通貨量が増えます。そうなった場合、「買いたいものがない」なんていう消費者意識とは無関係に物価があがっていくことは容易に想像つくと思いますが。(2010/09/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長