• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

30年前より少ない日本の公共投資

「荒廃する日本」にしていいのか。未来への投資、始めるのは今

  • 三橋 貴明

バックナンバー

2010年8月31日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 まず、第1回から第4回までの筆者の主張を簡単にまとめておこう。

・第1回 「財政再建」なんて自殺行為だ

・第2回 ギリシャ破綻と日本をダブらせる愚

・第3回 「国の借金」意味分かって使ってる?

・第4回 デフレ環境下でインフレ対策を叫ぶ

 日本は現在、需要不足(デフレ)の上に過剰貯蓄状態で、銀行などの預金超過額が増大し続けている。

 デフレにより民間の資金需要が高まらず、銀行などの国内金融機関は「国債を買うしかない」有り様で、日本政府が発行する国債の金利は世界最低水準で推移している。結果、日本国債は95%が国内投資家に購入されており、かつ通貨は100パーセント日本円建てで、自国で金利調整が可能である。

 それを、経常収支赤字国ゆえに国内の貯蓄不足に悩み、国債消化の7割を海外投資家に依存し、しかも自国で金利調整が不可能なユーロ建てで販売しているギリシャと「負債残高」のみで比較し、「破綻だ」などと騒ぎ立てることはナンセンス。

 日本の長期金利低迷は、市場が「もっと国債を発行して欲しい」とサインを送っているに等しく、日本政府は国債発行、財政出動によりデフレギャップを埋め、民間の資金需要が高まり、名目GDPの成長や健全なインフレをもたらすように支出を拡大するべき。

「ある官庁」が格付け機関に送りつけた意見書

 実は、2002年に「ある官庁」が、外国の格付け機関に意見書を送りつけている。その意見書上では、筆者と全く同じコンセプトに基づく「日本国債」に関する解説が展開されていた。その一部を引用してみよう。

「日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない。デフォルトとして如何なる事態を想定しているのか」
「マクロ的に見れば、日本は世界最大の貯蓄超過国。その結果、国債はほとんど国内で極めて低金利で安定的に消化されている」
「日本は世界最大の経常黒字国、債権国であり、外貨準備も世界最高」(注:2002年当時)

 上記は、別に筆者が加筆修正したわけでも何でもなく、この文章のまま意見書要旨として掲載されている。

 ちなみに、想像はついたかも知れないが、上記の「意見」を欧米格付け機関にぶつけ、日本国債に関する格付けの異常性に対し、堂々と苦情を申し立てた素晴らしき(注:皮肉ではない)官庁は、何を隠そう財務省である。

【外国格付け会社宛意見書要旨】

英文【Summary of letter to the rating agencies】

公共投資はピークの半分にも満たない水準

 さて、政府が「財政出動」するとして、何に使うべきなのか。

 誤解している人が多いので、まずはその点から改めておきたい。現在の日本国内における公共投資の額は、決して多くない。というよりも、少なすぎる。

 いまだに、

「日本は公共投資が多すぎる! 減らすべきだ!」

 などと叫んでいる人を、時折テレビなどで見かける。あの方々は、果たして何を根拠にあのような「嘘」を叫んでいるのだろうか。そもそも、日本の公共投資の額について、1度でも数値データを見たことがあるのだろうか。甚だしく疑問である。

コメント162

「三橋貴明 暴論?あえて問う! 国債増発こそ日本を救う」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック