• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

老人ホームは都会の駅の上に作れ

日本国家のグランドデザイン(後編)飛躍のカギは「都市化」「電力文明」

  • 三橋 貴明

バックナンバー

2010年9月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回と同じ書き出しで、恐縮である。唐突であるが、人間にとって経済上の「贅沢」とは何だろうか? もちろん、人によって定義は異なるとは思う。しかし、筆者は以下のように考えるのである。

 「モノやサービスに短時間、短距離、かつ選択肢がある状況でアクセス(購入)できること」

 要するに、製品やサービスを購入したいときに、即座に買える。しかも「選んで」買える。これこそが、真の意味での贅沢だと思っているわけだ。

2025年には、65歳以上人口が3470万人を突破する

 この種の贅沢を実現するために、最も適したライフスタイルとは何だろうか。日本人が「贅沢」と聞くと、風光明媚な田舎などで、お城のような自宅に住むことを思い浮かべるかも知れない。しかし、人口がまばらな地域において、先の「購入したいときに、即座に選んで買える」を実現することは、かなり難しい。

 少なくとも、ある程度の人口が集中していなければ、「複数の店舗」が存在することは商圏的に不可能だろう。すなわち、日本の場合は、都市においてでなければ、「購入したいときに、即座に選んで買う」を実践することは困難なのだ。

 あるいは、今後の日本で需要拡大が見込まれる、高齢者向けの医療サービスである。短時間、短距離に位置し、複数の医療機関の中から、ユーザーがサービス提供者を選択できる環境は、それこそ都市部以外ではあり得ない。

 都市部以外の環境では、医療機関の選択肢が限られるのはもちろん、ユーザー側が自動車を運転してサービスを受けに行かねばならないのが普通だろう。これは、特に高齢者にとって、なかなか深刻な問題だ。

 現実問題として、高齢化の進展と需要拡大により、全国あまねく高水準の医療サービスを「選択肢」つきで供給することは、ほぼ不可能に近い。特に、団塊の世代が75歳以上に達する2025年には、65歳以上人口が3470万人を突破する見込みなのだ。しかも、その過半が75歳以上である。

 若い世代であれば、自動車で病院に行くことは苦にならないかも知れないが、高齢者の場合はそうはいかない。今後、2025年のピークに向け増え続ける高齢者が、自動車を運転して医療サービスを受けに行かねばならないなど、あまり嬉しくない未来だ。しかも、日本の高齢化は別に2025年で終わるわけではない。

高齢ドライバーの交通事故は大きな社会問題

 なぜ「自動車で医療サービスを受けに行く」にこだわっているかと言うと、実は、今後の日本において、高齢ドライバーの交通事故が大きな社会問題になる可能性が高いためだ。と言うよりも、現時点で既になっている。

 意外に思われる方が多いかも知れないが、日本国内の事故発生総数は、2004年以降は着実に減少していっている。これは主に、若い世代の交通事故が激減していることによるものである。

 しかし、年齢と共に反射神経や運動神経が落ちていくのは、これはもう避けられない話だ。全体的な交通事故が減少していく中、高齢者の交通事故は着実に増えていっている。高齢化の進展と共に、高齢ドライバーの数は今後も増えていくであろうから、当然ながら悲惨な交通事故も増えていくことになるだろう。

コメント129件コメント/レビュー

アンチ三橋の人間だが、三橋氏の定義する「豊かさ」については理解する。経済とは所詮機械文明的であり、言い換えると、僕らが作ることの出来る豊かさとは、都市化した機械文明しかない。 一方で、三橋氏はヨーロッパに行ったことがないのではないかと感じた。都市計画がしっかりしており、観光客が来るための町があり、働くための町と住むための町が近接して出来ている。町全体が石造りで、作るのには大量のGDPが必要だが、いったん町が出来ると1000年も改修だけで住み続けられる。一方、日本は個々人がバラバラに最高(笑)のものを作るので、町並みは汚く、看板がうるさく、しかも数年後には町全体の雰囲気が変わってしまうため、客足がすぐに見込めなくなる。また、駅の上は三橋氏もいうように非常に贅沢であり、老人を配置するのは余りに効率が悪い。つまり、効率の良い機械文明を金をかけて作るべきだという点では三橋氏に同意するが、三橋氏のアイデアの元が漫画に感じる。書を捨て町に出よう。駅の上に老人ホームもいいが、老人のための町と交通網を、枝線としてしっかり作るのがいいのではないか。もちろんそれは一軒家などではなく、ほどよいマンションと快適なエレベーターが交通手段とスーパーまで続いている家が並ぶ町である。そうして、東京から「経済成長に役立たない老人」を追い出し、東京全体を、経済区、観光区、通勤者の居住区および運搬部位に線引きし、200年かけて再構築するのである。もちろん東京以外でも同様のことをする。そうすれば経済を倍に出来る。(そうしなければ経済が倍になっても豊かさは倍にならない。)(2010/09/25)

「三橋貴明 暴論?あえて問う! 国債増発こそ日本を救う」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

アンチ三橋の人間だが、三橋氏の定義する「豊かさ」については理解する。経済とは所詮機械文明的であり、言い換えると、僕らが作ることの出来る豊かさとは、都市化した機械文明しかない。 一方で、三橋氏はヨーロッパに行ったことがないのではないかと感じた。都市計画がしっかりしており、観光客が来るための町があり、働くための町と住むための町が近接して出来ている。町全体が石造りで、作るのには大量のGDPが必要だが、いったん町が出来ると1000年も改修だけで住み続けられる。一方、日本は個々人がバラバラに最高(笑)のものを作るので、町並みは汚く、看板がうるさく、しかも数年後には町全体の雰囲気が変わってしまうため、客足がすぐに見込めなくなる。また、駅の上は三橋氏もいうように非常に贅沢であり、老人を配置するのは余りに効率が悪い。つまり、効率の良い機械文明を金をかけて作るべきだという点では三橋氏に同意するが、三橋氏のアイデアの元が漫画に感じる。書を捨て町に出よう。駅の上に老人ホームもいいが、老人のための町と交通網を、枝線としてしっかり作るのがいいのではないか。もちろんそれは一軒家などではなく、ほどよいマンションと快適なエレベーターが交通手段とスーパーまで続いている家が並ぶ町である。そうして、東京から「経済成長に役立たない老人」を追い出し、東京全体を、経済区、観光区、通勤者の居住区および運搬部位に線引きし、200年かけて再構築するのである。もちろん東京以外でも同様のことをする。そうすれば経済を倍に出来る。(そうしなければ経済が倍になっても豊かさは倍にならない。)(2010/09/25)

ル・コルビュジエが生きていた時代なら新しい発想としてどこかの国で受け入れられたかもしれないが、機械文明ですべてが解決するという発想が古臭いものでしかない。コミュニティーが崩壊し、家族の絆が無くなりつつあるものをさらに助長するだけでは。民主党にも言えることだが、すべてを国家に委ねてしまう怖さがあると思う。年金の資金を国家が使い果たし、社会保障も切り詰められ、セーフティーネットを国家が放棄したとき、そこに住む人は悲惨なことになることは明らか。コミュニティーや家族が税金を必要としない隠れたセーフティーネットであることを再認識すべきで、北欧のようにすべてを国家に委ねるなら税負担の増大を容認すべきで安易な将来世代からの借金をするべきではない。(2010/09/25)

賛否両論あるようですが、ひとつのモデルとして、試験的にそういう地区を作ってみるのはありかも知れませんね。いきなり国家ビジョンとするのは難しいと思います。(2010/09/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長