• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

増える若者と働き盛りの長期失業

【第13回】不況が雇用に及ぼした影響を4つの指標で見る(2)

  • 澤井 景子

バックナンバー

2010年9月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 今回は、前回触れた、日本の雇用調整のパターンの3段階目、新卒採用の調整を示す指標から見ていきます。

 下のグラフは、日本銀行の「全国企業短期経済観測調査」、通常「短観」と呼ばれる調査を基にしたものです。6月と12月に新卒者の採用計画の前年比を取っていますので、これを見てみます。やはり最近、新卒採用が非常に抑制されていることが分かります。

 日本の場合、慣習としてまず新卒で会社に採用され、その会社の中で能力を高めていくという労働慣行になっていますから、新卒で就職できないと、後々まで人生に大きく影響してしまいます。それが示されたのは1994年ぐらいから長きにわたった就職氷河期です。

 新卒で就職できなくて、非正規になってしまい、その後もずっと非正規で、なかなか生活できるだけの賃金を稼げないという、いわゆる、ロストジェネレーションの問題があります。

2010年の新卒採用は前年比20%減

 グラフのように、2009年は前年に比べて10%近く新卒採用を減らし、2010年はさらに20%ぐらい採用を減らすわけですから、就職難になります。“ロスジェネ”が再来が懸念されています。

 次に、失業率と有効求人倍率がどのように動いたかを見てみます。これは2002年からの該当する数字をグラフにしたものです。失業率の推移を見てみると、2009年に急カーブで上がっており、2009年7月に5.6%と、史上最高の失業率を記録しました。1年間で1%も急に上がったというのは、相当厳しい状況を示しています。今は少し改善されましたが、5.2%と非常に高い水準です。

画像のクリックで拡大表示

 有効求人倍率の推移を見ても、2007年からだんだん下がっていき、2008年からフリーフォールといった状況で急激に落ちています。有効求人倍率が0.4倍ぐらいまで下がってしまうのは、歴史上なかったことです。今は、これが少しだけ戻している状況です。

―― このグラフを見ると、2002年から2007年は、今、世の中では格差が拡大したと批判を受けている、小泉内閣の時代と重なっていると思うんですが、この時は有効求人倍率は良くなったし、完全失業率は減ったということですよね…。

 それは非常に難しい問題だと思います。景気が良かったのでやはり雇用は改善しました。このことは評価しなければいけないでしょう。ただ、これが非正規雇用によって改善したのであればどうでしょう。非正規雇用でも就職すれば当然、失業率は減りますし、有効求人倍率も上がります。

 2009年の「経済財政白書」を見ると、格差は広がったと言われるが、働いている人だけを基準にして格差を取れば、非正規の人が増えたので格差は拡大したといえる。しかし、失業者まで含めて格差を見たらどうなるかというと、この時期、失業率は減っている。所得がゼロなのと、少しでも稼げているのとでは全然状況が違う。そういう場合には、格差は縮小しているという結果が出ています。ただ、非正規雇用者の給料が十分かどうかが問題です。

コメント9件コメント/レビュー

同じく職業訓練受けてきました。液晶関連の製造業から金型製作への転職です。旋盤やフライス、研磨はさすがに熟練者になかなか追いつけそうにありませんが、CADやNCのプログラムならなんとかなります。職業訓練のおかげで溶接は、社内で一番うまくなりました。職業訓練の要望で、一日の訓練時間をもっと長くして欲しかった。仕事は失敗を経験として成長していくので、数をこなしたかったが先生によっては危険を伴うので補習は断られました。液晶関連は一番で無いと利益は出ないと考えて転職しましたが、金型はどうやったら利益が出るのか?まだ、仕事をこなすので精一杯で分からない状態です。同業に廃業が多いので仕事がどんどん入ってきます。一日15時間くらい働いて休みも少ない。給料の支払いも遅れ、本当にだいじょうぶか?そもそも無給で働いても利益が出ないくらいまで追い詰められた企業が渋々廃業するのであって、そんな仕事がどんどんやってきたらますます赤字になる。技術が必要で、危険を伴う仕事がコンビニのアルバイトより安い給料に驚いてます。(2010/09/26)

「日本経済のゆくえ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

同じく職業訓練受けてきました。液晶関連の製造業から金型製作への転職です。旋盤やフライス、研磨はさすがに熟練者になかなか追いつけそうにありませんが、CADやNCのプログラムならなんとかなります。職業訓練のおかげで溶接は、社内で一番うまくなりました。職業訓練の要望で、一日の訓練時間をもっと長くして欲しかった。仕事は失敗を経験として成長していくので、数をこなしたかったが先生によっては危険を伴うので補習は断られました。液晶関連は一番で無いと利益は出ないと考えて転職しましたが、金型はどうやったら利益が出るのか?まだ、仕事をこなすので精一杯で分からない状態です。同業に廃業が多いので仕事がどんどん入ってきます。一日15時間くらい働いて休みも少ない。給料の支払いも遅れ、本当にだいじょうぶか?そもそも無給で働いても利益が出ないくらいまで追い詰められた企業が渋々廃業するのであって、そんな仕事がどんどんやってきたらますます赤字になる。技術が必要で、危険を伴う仕事がコンビニのアルバイトより安い給料に驚いてます。(2010/09/26)

・年収500万円で成長が期待できない50歳の窓際正社員・年収250万円で成長が期待できる25歳の派遣社員どちらが会社にとって必要な人材かは明らかなのになぜか前者が大切にされる日本企業(社会)・・・(2010/09/24)

間違えた見通しの原因探しは日本の就業構造等を知る意味でも大変参考になった。また、新卒採用者は前年比だけでなく実人数で見るとどうなるか興味を持った。(2010/09/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長