• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“財政大黒字国”こそ破綻した現実

【最終回】もう一度言う「成長こそがすべての解」

  • 三橋 貴明

バックナンバー

2010年9月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 かつて、「ある国」の政府の負債残高(いわゆる「国の借金!」)がGNP(国民総生産)の2倍を超え、対GNPで実に288%にまで達したことがあった。「国の借金!」がGNPの2.8倍を超えたわけである。

 この「ある国」とは、別に近未来の日本のことではない。過去、19世紀のイギリスのことである。

「ムダの削減」で財政健全化を達成したわけではない

 19世紀初頭のイギリスは、巨額の費用をかけてナポレオン戦争(1803~15年)を戦わなければならなかった。何しろ、ヨーロッパのほとんどはナポレオン率いるフランスの手に落ちたため、イギリスはまさしく単独でヨーロッパ全土を相手に戦ったようなものであった。

 当然ながら、政府の軍需予算は巨額に達し(今も昔も、戦争には金がかかる)、「国の借金」はみるみるうちに膨らんでいったわけである。

 しかし、別にイギリス政府は破綻などしなかった。(※本稿において「破綻」とは、政府もしくは民間のデフォルト、すなわち債務不履行を指す)

 なぜならば、現在の日本同様、当時のイギリス政府の国債は、その100%近くがポンド建てだったためだ。というよりも、ほとんどイギリスのGNPに匹敵するような巨額の戦争経費を、同国に貸し付けられる経済主体など、当時は「イギリスの民間」以外には存在しなかったのである。現在の日本政府の巨額負債を貸し付けられる存在が、「日本の民間」以外に存在しないのと同様だ。

 現在の日本を軽く上回る、ナポレオン戦争終結時のイギリスの「国の借金」だが、同国はその後、およそ半世紀をかけて、対GNP比を少しずつ減らしていった。50年後の1870年頃には、イギリス政府の負債残高は、対GNPで100%を割り込むところまで財政状況が改善した。

 この時期のイギリス政府の「財政健全化」であるが、当たり前だが「ムダの削減」などにより達成されたわけではない。単純にイギリス経済が成長することで、GNPを拡大し、「国の借金」の対GNP比を引き下げていったわけである。

イギリスは1940年代にもGDP比250%を突破

 例えば、

「日本の『国の借金』はGDPの2倍水準だ。過去に、これほどまでに借金を積み上げ、破綻しなかった国はない」

 と、主張する人がいたとしたら、それは明確に嘘ということになる。ナポレオン戦争後のイギリスの事例が、その何よりの証拠だ。

 などと書くと、

「19世紀の話など、今の参考になるか!」

 などと言われそうである。

 とはいえ、別に19世紀の話を持ち出さなくても、1940年代にも、国債発行残高をGDPの3倍近くにまで拡大させていた国がある。またまた、イギリスだ。1940年代後半に、イギリスの国債発行残高はGDP比で250%を突破したのだ。だが、やはり破綻などしなかった。

コメント115

「三橋貴明 暴論?あえて問う! 国債増発こそ日本を救う」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授