• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本がたちまち元気になる経済政策はあるか

政権交代1年後の経済学

2010年9月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 政権交代が実現し、2009年9月に民主党政権が発足して約1年が経過した。私は、研究仲間たちと一緒に、この日経ビジネスオンラインで「民主党の経済政策を点検する」という趣旨でコラムを連載し、さらにそれをまとめて『政権交代の経済学』(2010年6月)を出版した。

 こうした中で、私はほぼ一貫して民主党の経済政策を批判してきた。このため、私に「民主党批判者」というレッテルを張る人もいる。しかし、私は「民主党」を批判しているのではない。「民主党が打ち出してきた経済政策」を評価してきただけなのだ。その結果、批判ばかりが目立ったのだとすれば、それは、民主党が批判されるような政策を次々に打ち出してきたためである。

 しかし、民主党の経済政策は時間が経つにつれて次第に変化している。そこで本稿では、政権交代後1年間の民主党政権の経済政策の歩みを振り返ってみたい。

 以下では、便宜上、「政権発足直後の時期」「2009年末から鳩山内閣退陣までの時期」「菅内閣発足から現時点までの時期」の3つに分けて考えることにする。

政権発足直後 経済無策の時代

 2009年9月に鳩山内閣が発足した。私は、発足直後の鳩山内閣には、まともな経済政策は「なかった」と考えている。経済政策は、日本経済がどのような状況に置かれているのかを正確に認識し、そこから現れてくる短期的、長期的な諸問題に、正しい処方箋で臨機応変に対応していくことが求められる。私が「なかった」と言うのは、そういう意味での経済政策が「なかった」ということだ。

 経済政策がなかったのは、マニフェストの実施が何よりも優先されたからだ。発足直後の鳩山内閣は、とにかくマニフェスト実施に忙しく、前述のような意味での「経済政策はどうあるべきか」という議論は全く行われなかったのだ。

 特に、長期的な成長をどう考えるかについては、その方針が全く示されていなかった。この政権が中長期的にどの程度の経済成長を目指し、そのためにどんな政策を取るのかが全く不明だったのだ。「成長戦略がない」という批判が多く出されたのはこのためだ。

 もちろん、当時の鳩山政権も経済成長を無視していたわけではない。2009年10月の鳩山総理の所信表明演説では、経済成長について次のように述べられている。

 「子ども手当の創設、ガソリン税の暫定税率の廃止、さらには高速道路の原則無料化など、家計を直接応援することによって、(中略)個人消費の拡大を目指してまいります」

 つまりマニフェストで約束した政策を実施していけば、家計に余裕が生まれ、消費が拡大して内需中心の成長が実現するというわけだ。

 しかし、これは「後付け」の議論だったと思う。つまり、内需中心の成長を実現するための戦略を考えたら子ども手当の支給などに行き着いたのではなく、まずはマニフェストの実現が至上命題であり、それを実行すれば結果的に内需中心の成長が実現するだろうという理屈を後から考えたのだと思われる。

 このマニフェスト至上主義は、財源面から大きな制約に直面することになる。マニフェストでは「無駄の削減」によってマニフェスト実現のための財源を捻出することになっていたのだが、単なる無駄の削減ではとても十分な財源は出てこないことが明らかになってきたからだ。

 こうして、「マニフェストの実行という制約からいかに逃れるか」「成長戦略をいかに打ち立てていくか」が新政権の大きな課題となっていった。

コメント16件コメント/レビュー

具体的な行動として、60歳以上はいったん退職して、若者の働く場所を作ることです。あらゆる企業・団体・自営業者で実施すれば、多くの雇用の場が生まれます。60歳以降は貯蓄行動をとらなくなり、消費行動のみです。若者は仕事が在れば、充足されてない消費財の購入行動が出来ます。また、60歳以上は介護の現場で、自給500円で働いてもらいもいましょう。そうすると自分の健康管理に気を遣うようになり、医療費の軽減にもつながります。これは実現できる行動案です。いかがですか?(2010/09/27)

「新局面を迎えた日本経済」のバックナンバー

一覧

「日本がたちまち元気になる経済政策はあるか」の著者

小峰 隆夫

小峰 隆夫(こみね・たかお)

法政大学大学院政策創造研究科教授

日本経済研究センター理事・研究顧問。1947年生まれ。69年東京大学経済学部卒業、同年経済企画庁入庁。2003年から同大学に移り、08年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

具体的な行動として、60歳以上はいったん退職して、若者の働く場所を作ることです。あらゆる企業・団体・自営業者で実施すれば、多くの雇用の場が生まれます。60歳以降は貯蓄行動をとらなくなり、消費行動のみです。若者は仕事が在れば、充足されてない消費財の購入行動が出来ます。また、60歳以上は介護の現場で、自給500円で働いてもらいもいましょう。そうすると自分の健康管理に気を遣うようになり、医療費の軽減にもつながります。これは実現できる行動案です。いかがですか?(2010/09/27)

結局のところ、即効性のある経済政策は存在しないというのが、本題の答えのようですね。(2010/09/27)

ただの現状分析でしょ、この記事。これに具体案を求めるのって一体何なの?批判だけなら誰でもできるって批判も批判だけじゃん。例えばこういう案があるとか示して批判すればいいのに。それともこっちにも信者が沸いてるのか?何だかなぁ。。■政策が似通うってちょっと違うと思いますね。GDPの底上げを、生産面で見るか/支出面で見るか という大きな違いがあるんじゃないかなと。確かに管政権になってきてから薄まってきてはいますが、子供手当てをどうしてもやりたいようなので大枠は一緒だと思いますよ。■管政権に求めるとしたら、所得移転しただけのものを如何に消費に回すかだけでしょう。貯蓄から消費に回すような政策を打てばそれがそのまま(短期的な)成長戦略に繋がるんですが、そこが描けてないから中途半端なだけ。国内製品の消費(GDP上は輸入品に対する消費では生産面の底上げにならない)に対するイニシアチブ(補助金とか)を出すとか、貯蓄(極度)額の引き下げを行って、貯蓄から消費または投資に回させるとか。引き下げできないなら相続税をガツンと上げてやるとか。 dsnk(2010/09/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長