• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

~ラガーマンが起こしたゴルフ革命~

展開する「買う・行く・観る・つなぐ」のサービスはラグビーに通じます

  • 水原 恵理

バックナンバー

2010年10月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回はゴルフ情報サイトを運営するゴルフダイジェスト・オンラインの石坂信也社長(44歳)です。

ゴルフダイジェスト・オンラインの石坂信也社長

 スポーツ関連企業の社長ということもあってか、見るからにスポーツマンタイプ。しかし、ゴルフというよりも若干骨太なイメージです。それもそのはず、元ラガーマンなんです。成蹊大学を卒業後、三菱商事でもラグビーを続け、海外遠征にも参加するほど。

 MBA(経営学修士)を取得するため米ハーバード大学に通っていたころも、アメリカで本格的にラグビーに励んでいたというほどです。2000年に三菱商事を退職し、ゴルフダイジェスト・オンラインを設立するタイミングで現役を引退、仕事に邁進したこともあってか、4年で東証マザーズに上場を果たしました。

自ら体を張って道を切り開くのはポジション通り

 石坂社長のラグビーでのポジションはセンター。私も女子ラグビーをしていたので少々解説させていただきます。

 センターはバックスでありながらスピードやテクニックだけではなく、フォワードのような強さも求められます。パスをさばいて周りを動かすというよりも、自ら体を張って道を切り開くポジションです。

 石坂社長の経営スタイルも、まさにそのまま。上から見下ろして決断を下すのではなく、ユーザーと同じ立ち位置で何が必要なのかを実感し、分析して、実行する。

 ゴルファー目線に立って利便性を追求することで、ゴルフのワンストップサービス(買う・行く・観る・つなぐ)を実現しました。実際にゴルフ場の予約やゴルフ用品の販売など、この10年で見違えるほど容易になりました。

 「自分達が価値を提供できないと、やる意味がない」と語る石坂社長。

 これまでの10年はインターネットの世界でゴルフ革命を起こしてきました。これからの10年は「リアル」の場での実現を目指しています。

コメント0

「テレビ東京アナウンサー 水原恵理の「聞いて分かったトップの条件」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授