• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

~「3年働いて辞める」と決意して入社されました~

社会を快適にする会社の快適さとは

  • 水原 恵理

バックナンバー

2010年10月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は計測・制御のオートメーション化で実績を上げる山武の小野木聖二社長(64歳)です。

山武の空調制御システムを語る小野木聖二社長

 「偉い人なのに気さく」。小野木社長はまさにこのタイプで、とても気さくで、そして機械が大好きな方です。

 小野木社長はEmorningの出演を楽しみにしてくださっていました。というのも、テレビ局の機材に興味があるから、なのです。

 それもそのはず。小野木社長は高校時代に放送部に所属し、校内にみずから放送スタジオを作ったり、学校中に配線を巡らせたそうです。筋金入りの機械好きなのです。

 山武への入社エピソードも愉快。入社試験を受けに来た際、健康診断の会場だった当時の蒲田工場の古さに驚き、「こんな会社には入らない」と思ったそうです。

 しかし学校の教授からの推薦状があったので断ることが許されず、「3年働いて辞める」と決意して入社しました。いざ入社してみると、「楽しいからずるずる今に至るんだよね」と語る小野木社長は、入社後、機械の設計に没頭したそうです。

「テレビ東京アナウンサー 水原恵理の「聞いて分かったトップの条件」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長