• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本農業に未来はあるか

貿易自由化が叫ばれる中で農政のこれからを考える

2010年11月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今日は日本の農業についてお話します。

 「日本の農業には将来性がある」「そんなことはない」――。農業に対する世の中のイメージはばらばらです。今の日本の農業のイメージを表す言葉として、以下の4つを考えてみました。語呂合わせで、みな「K」がつくものでまとめてみました。

 一つは「苦しい農業」。二つ目が「楽しい農業」。これはあえて「かわいい農業」と言い換えてみましょう。三つ目が「困った農業」、そして最後が「これからの農業」です。

平均年齢65歳、最も多いのは75歳以上

 まずは、「苦しい農業」の姿について、資料を見ながら考えてみましょう。

画像のクリックで拡大表示

 上のグラフは農業で働いている人の年齢構成を表したものです。ざっと見ると、山がだんだん右にずれています。一番左の山が平成2年、その次の山が平成7年。全体の山の頂上はだんだん下がってきていますが、山がだんだん右に動いています。これは5年ごとに調査をするもので、調査をするたびに全体が下がって、山の形がちょうど5年ずつ後ろにずれているわけです。

 要するに、農業をやる人がほとんど同じ人で、社会全体として見ると、農業者の平均年齢が一貫して上がっていることを表しています。若い人の参入はなく、平成17年には、ついに山ではなくなってしまいました。75歳以上の人が一番多いわけです。

 基幹的農業従事者の数は230万人を少し切るくらいです。ところが、この図を見て、このように高齢化している時こそ世代交代が起きるので、農業はこれからがチャンスだという人もいます。

耕作放棄地は増え続け、所得は半分に減少

 また、農地面積も減っています。一方で、うなぎ登りに増えているのが、耕作放棄地面積です。平成17年で38.6万ヘクタール。これは埼玉県全面積と同じで、東京都の面積の1.8倍ぐらいです。それだけの農地が放っておかれ、誰も農業をやらない状態になっています。

画像のクリックで拡大表示

 農業は儲からないことを示すのが下のグラフです。

 棒グラフの上と下を足したものが農家の生産額と思ってください。6.4兆円という数字が中間投入等とありますが、簡単に言えばコストです。コストを引いた所得が、平成2年では6.1兆円ぐらいでしたが、平成18年では3.2兆円と半分ぐらいに減っています。

 もちろんコストも7.5兆円から6.4兆円に下がってはいますが、15%しか下がっていません。一方、純生産、言い換えると所得は47%下がっている。農業は本当に儲からないことを示していると言っていいでしょう。

 下の折れ線グラフは、物価全体と農産物の物価を比較したものです。平成3年から平成21年まで見ると、消費者物価はほぼ横ばいか少し上がっているぐらい。最近はデフレで右肩下がりになっていますが、平成3年と比べて、全体としてはそんなに物価が下がっているわけではありません。

 ところが農産物は平成3年を100とすると、77くらいまで下がっています。値段が下がって、儲からなくなっているわけです。従って農業をやる人がいない、だから農地も余っているというのが事実です。

コメント9

「日本経済のゆくえ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック