• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

~キッチン、トイレ、門扉にサッシや外壁タイルが一堂に会しています~

ものづくりへの愛情に溢れる“アットホーム”な会社でした

  • 水原 恵理

バックナンバー

2010年11月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

上海万博にも出展した「金のトイレ」を前で語る住生活グループの杉野正博社長

 今週はトステムやINAX、サンウエーブなど住宅設備の有名ブランドを傘下に持つ住生活グループの杉野正博社長(66歳)です。

 杉野社長は学生時代に窯業工学を学び、43年前に伊奈製陶(現INAX)に入社しました。入社してからは、タイルや衛生陶器などの“焼きもの”を作っていたそうで、土や油にまみれるものづくりの最先端での仕事はとても充実していたと言います。

 そんな杉野社長、今でもものづくりの現場を回るのが大好きだそうで、商品を厳しい目でチェックしていらっしゃいます。とりわけ衛生陶器を見る目は厳しいようです!

 M&A(合併・買収)を活用した戦略などが注目され、気鋭の会社といったイメージを持っていましたが、中を覗いてみると、ものづくりへの愛情溢れるアットホームな会社でした。

 ものづくりへのこだわりが人一倍強い杉野社長に東京都江東区にあるショールームを案内していただきました。1階には立派なレストランがあって2階から6階のフロアにはキッチン・トイレ・バスや外壁、駐車場、窓のサッシにいたるまで住宅施設に関する商品が勢揃いしています。

 杉野社長は「インテリア、電気以外は、家に関連する商品すべてが揃っている」「グループ内の商品で住宅に必要な設備の9割がまかなえる」と言います。

 建材のトステム、衛生陶器のINAX、キッチンのサンウエーブ工業、門扉の東洋エクステリアなど、様々な住宅設備関連企業を傘下に持つ住生活グループのショールーム。「住宅関連の総合展示会くらい多様なブランドがありますね」と驚きの声を上げると「たくさんのブランドのものを好きなように組み合わせてお客様にトータルの提案ができる。でも、そういったことがまだ認知されていないのですよ」とのお言葉。

コメント0

「テレビ東京アナウンサー 水原恵理の「聞いて分かったトップの条件」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック