• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「香港って、日本のモノであふれてるじゃないですか!」

現地で実感した日本ブランドのパワー(香港編その1)

  • 羽生 祥子

バックナンバー

2010年12月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2008年9月に起きたリーマンショック。米大手投資銀行のリーマン・ブラザーズの破綻に端を発した金融危機は瞬く間に世界に広がり、世界経済を凍りつかせた。

 それから2年余り。日本経済はまだ浮上していないが、海外はどうなのか。米ニューヨークのウォール街をはじめとする海外の金融都市や個人投資家たちは平静を取り戻したのか。それとも、危機の爪あとをいまだに引きずっているのか──。

 このコラムでは日経マネー2011年2月号の特集「銀行からお金を動かそう!」の連動企画として、マネー誌の新米女性記者「マネ美」が香港とアメリカに飛び、マネータウンと個人投資家の今を体当たり取材する。

 前回の企画「マネ美と金蔵デスクの企業年金探偵団」では、持ち前の行動力を生かして企業年金をめぐる問題に切り込んだマネ美。初めての海外出張の取材成果はいかに?

 

 東京都内の某出版社でマネー誌の記者をしている入社2年目の新米金融記者マネ美(24歳)。企業年金問題の特集を書き終えた彼女に、教育係のベテランデスク、金蔵(きんぞう、45歳)が命じたのは、初めての海外出張だった。最初に降り立った地は、アジア最大の金融都市、香港。活気あふれる街中でマネ美の目に飛び込んできたのは──。

マネ美 Hello、香港! ついに空港に到着! ちょっとドキドキしちゃうな。ショッピングもしたいし、おいしいゴハンも食べたいし。おっと、デスクに指示された「金融危機後の香港レポート」の取材も忘れないようにしなきゃ。ホテルにチェックインしたら、街中の様子を見に行こうっと!

 わ~、空港は中国人であふれ返っている! さすがGDP(国内総生産)世界第2位になったこともあって、みんな買い物意欲が満々! マカオまで足を延ばす人も多いみたい。みんなニコニコしてる。日本より笑顔の人が多い感じだなぁ。

画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示

 地下鉄の中も活気が満ちていて、人混みは東京の新宿駅並みね。チケット販売機もしっかり英語での案内がある。さすが、世界中の観光客が集まる都市。東京より進んでる。

 あ、iPhone持ってる人がいる! あっちの人はタッチパネルでメールを書いてるのかな? スマートフォン人気は香港でも同じなのね~。

画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示

スゴ~イ みんな買い物意欲が満々ね!

マネ美 香港の繁華街、チムサーチョイに到着!わ~、新しいビルがいっぱい!そしてみんな、結構オシャレね。私も負けてられない!洋服でも買おうっと。どこか大きなデパートはないかな?

画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示

 あった、あった。中も買い物客でにぎわってる! あ、このコートかわいい。いくらかな? 3000香港ドルってことは1香港ドルがだいたい11円だから……。ゲっ、3万3000円! 高すぎる~~~(泣)。これくらいのコートだったら日本で9800円で買えるよぉ。ダメだ、私、骨の髄までデフレ根性が染み付いちゃってるみたい。香港は物価が高いって聞いていたけど、本当だぁ。

コメント14

「新米金融記者マネ美、海外に行く! 香港、アメリカ突撃取材ルポ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員