• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「香港の人たちって、本当に投資に詳しいなぁ!」

街頭インタビューで知った個人投資家の積極性(香港編その2)

  • 羽生 祥子

バックナンバー

2010年12月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2008年9月に起きたリーマンショックを発端とした世界的な金融危機から2年余り。日本企業の株価はまだ回復していないが、海外はどうなのか。米ニューヨークのウォール街をはじめとする海外の金融都市や個人投資家たちは平静を取り戻しているのか──。

 このコラムでは銀行からお金を動かそう!」の連動企画として、マネー誌の新米女性記者「マネ美」が香港とアメリカに飛び、マネータウンと個人投資家の今を体当たり取材する。

 前回の企画「マネ美と金蔵デスクの企業年金探偵団」では、持ち前の行動力を生かして企業年金をめぐる問題に切り込んだマネ美。今回は、香港の金融の中心地である中環(セントラル)の街頭で、突撃インタビューを敢行する。その奮闘の成果は?

 香港での取材第1日目を終えて、街中に日本の商品やアニメなどがあふれている様子を目にした新米金融記者のマネ美(24歳)。しかしその様子を東京のデスク、金蔵(きんぞう、45歳)に報告すると、「観光ばかりしてないで香港の個人投資家にアポなし街頭インタビューをしてこい!」と命じられ……。

マネ美 今日は香港島の中環(セントラル)に行って、デスクの指示通りに街頭インタビューをしなくっちゃ! 知らない人に声をかけるのはちょっと緊張するけど、海外の投資家さんたちの話を聞けるのは楽しみ。

 セントラルに着く前に、東京で下調べした時のメモを見返しておこうっと。香港の人口は約700万人で、GDP(2009年)は2106億米ドル(約17兆4800億円)。GDPで比較すると、日本の福岡県くらいの規模なのね。

 GDPの約8割をサービス産業が占め、1997年7月に英国から中国へ返還された後も、交易都市や観光都市、そして国際金融都市としても発展し続けてきたのか。

 2010年7月に中国・新華社通信と米ダウ・ジョーンズが発表した金融センターランキングで、ニューヨーク、ロンドン、東京に次ぐ世界第4位に入り、世界4大金融センターの一角に数えられている。

 国際取引所連合(WFE)の公表資料によると、2010年11月時点での香港証券取引所の上場企業数は約1300社で、時価総額は約2兆6900億米ドル(約223兆2700億円)。

 東京証券取引所(約2300社、約3兆5400億米ドル=約293兆8200億円)やロンドン証券取引所(約2400社、約3兆3500億米ドル=約278兆500億円)に迫る規模ね。香港の個人投資家の投資意欲は、日本の個人投資家に比べて高いのかしら?

 あ、セントラル駅に着いたわ。ここが香港証券取引所や金融機関の高層ビルがひしめく国際金融都市・香港のまさに中心ね。まずは街をウロウロしてみますか。

 へぇ~、「銀行街」なんてあるのね。

 あ! さっそくHSBC(香港上海銀行)の香港本店ビルを見つけた! これが世界最大級の銀行か~。日経マネーのアジア株特集でも、HSBCでは香港ドルを発券したり、中国をはじめとする世界各国への投資商品を運用・販売していて、「香港は中国投資への入り口」と書いてあったっけ。日本と違って、香港では銀行が証券会社の機能を兼ねていて、個人投資家が銀行の口座を通じて株式などを買えるのよね。

 あ、あっちの建物は、米ブラックロックの香港支社だ! ブラックロックといえば、資産総額270兆円を超える世界最大の資産運用会社。2009年12月には英銀行大手バークレイズから、ETF(上場投資信託)※のiシェアーズ事業を展開するバークレイズ・グローバル・インベスターズ(BGI)を買収してたわ。デスクも「ブラックロックはこれから、日本の東京証券取引所などアジア市場でもETF事業を積極的に展開していくだろう」と言ってたっけ。

※ETF(上場投資信託)

 ETF(上場投資信託)とは、証券取引所で取り引きされる投資信託。ETFはExchange Traded Fundの頭文字を取った略称。指数連動型上場投資信託とそれ以外のものの2つに大きく分けられる。指数連動型上場投資信託は、価格が東証株価指数(TOPIX)や米S&P500といった各国市場の代表的な株価指数、商品指数などの指数(インデックス)に連動するように運用される。ファンドマネジャーの腕次第で投資先や基準価格が大きく変わるアクティブ投信とは異なり、指数という明確な指標に基づいて購入できるといったメリットがある。

すごい人混み! あれは何だろう?

 おや? あの人混みはなんだろう?

 わ~、すごいカメラの数! 「HONDA」と書かれた旗が出ているけれど、展示会かな?

 「Motorcycle Show2010」かぁ! 世界中のオートバイが展示されてる。あっ、あの女性、ホンダ車に興味津々って様子! 優しそうな感じだから、声かけてみようっと。

コメント1

「新米金融記者マネ美、海外に行く! 香港、アメリカ突撃取材ルポ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長