• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【食品】海外勢との格差は歴然

生き残りをかけたM&A不可避に

  • 飯泉 梓

バックナンバー

2011年1月24日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ビールメーカー各社が発売したノンアルコールビール(写真:毎日新聞社/アフロ)

 2010年は食品業界にとって波乱の1年となった。2月にキリンホールディングスとサントリーホールディングスの経営統合交渉が決裂した。世界最大級の酒類・飲料会社の誕生には至らなかった。

 日本勢と海外メーカーの差は広がるばかりだ。海外を見渡してみれば、国境を越えた大型再編が加速している。

 2008年にはビール世界最大手のインベブ(ベルギー)が約5兆円を投じて米アンハイザー・ブッシュを買収。2010年に入ってからは米食品大手クラフト・フーズが英製菓大手のキャドバリーを傘下に収めた。

 こうした流れに少しでも追いつくため、日本の食品、飲料メーカー各社は、海外進出をこれまで以上に加速せざるを得ない。

 ビール各社は積極的にM&A(合併・買収)を実施して、海外への足がかりを築いている。

 アサヒビールは約272億円を投じてオーストラリア飲料3位のピー・アンド・エヌ・ビバレッジズ・オーストラリア(P&N)を買収した。また、キリンビールは約846億円を投じシンガポールに拠点を置く飲料大手フレイザー・アンド・ニーヴ(F&N)の株式14.7%を取得した。

 ビールメーカーだけでなく、これまで国内市場が中心だった食品メーカーも海外への足がかりを築こうとしている。

コメント1

「徹底予測2011」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック